勉強 読書 運動

【保存版】身につけたい良習慣・やめるべき悪習慣のおすすめ100選

身につけたい習慣・やめるべき習慣

 

習慣化を始めてみたいんだけど、どんな習慣から身につけたらいいのかなあ?

調べても、しっくりくるモノが見つからないから困ってるんだ。

 

このような悩みを解決していきます。

 

こんな人におすすめの記事です

  • 身につけた方がいい習慣を知りたい
  • やめるべき悪習慣を知りたい
  • 今よりちょっと毎日を充実させたい

 

ツボツボ(仮)
どうも!

習慣化オタクのツボツボ(@tsubo__tsubo__)です!

 

どんなことから習慣化すればいいのかって謎ですよね。

 

その気持ち、めちゃくちゃわかります。

 

僕も「人生をもっと充実させたい!」と何となく思っていたのに、何から手を付けていいかわからない時期があったからです。

 

そこでこの記事では、僕が実際に身につけてよかった良習慣・やめてよかった悪習慣を100個集めてみました。

 

身につけたい良習慣・やめたい悪習慣 1

 

身につけたい良習慣・やめたい悪習慣 2

 

これらの習慣は、1年で100冊以上の本を読み、習慣化に役立ちそうな動画を見まくってきた僕のすべてです。

 

自分で言うのもなんですが、ここまで網羅的に習慣を集めたコンテンツは、ネット上を探しても1つもないと断言できます。

 

注意

この記事は、約35,000文字の大ボリュームになっています。

「いつでも見返せるようにしたい」と思った人は、ブックマーク推奨です。

 

「ブックマークなんかするつもりないよ」って人は、内容を見て判断していただければと思います。

 

あなたに合う習慣が、1つでも多く見つかると嬉しいです。

 

なお、習慣化に関することは以下の記事ですべてまとめています。

関連:【まとめ】三日坊主を克服して習慣化マスターになる方法【14記事】

 

 

 

【保存版】身につけたい良習慣・やめるべき悪習慣おすすめ100選

身につけたい習慣・やめるべき習慣

 

今回は、身につけたい良習慣とやめたい悪習慣を項目ごとに100個まとめました。

 

  • 行動
  • 趣味
  • 勉強
  • ツール
  • お金
  • 買い物
  • 家事
  • 仕事
  • 外見
  • 発言
  • 思考

 

もしかしたら、中には「こんなの当たり前じゃん」っていうものも書いてあるかもしれません。

 

しかし、誰でも自分の気づかないうちに、大切なものを見失っていることがあります。

 

「こんなのわかってるよ」というものでも、無意識に習慣化できているか、もう一度考え直してみましょう。

 

朝の習慣

まず最初に紹介するのは、行動習慣です。

 

行動習慣は、かなり量が多いので以下の3つにわけて紹介していきます。

  • 毎朝やりたい習慣
  • 毎晩やりたい習慣
  • 定期的にやりたい習慣

 

ただ、正直言って行動習慣を変えるのは、けっこう難しいです。

 

行動するキッカケを作らないとダメだからです。

関連:【脱3日坊主】習慣化できない原因TOP3と習慣化のコツ9個

 

 

行動が変われば思考が変わり、最終的には人生が変わります。

 

「これならできそう」「これ良いかも」というところから、1つずつ習慣にしていきましょう。

 

毎朝やりたい習慣は、以下のとおりです。

  • 早起き
  • アファメーション
  • 朝日を浴びる
  • 体重計に乗る
  • コップ1杯の水を飲む
  • 散歩
  • 決まった服を着る
  • ワキぬり
  • 野菜・フルーツを食べる
  • 朝食をよく噛んで食べる
  • カフェインをとる
  • 挨拶
  • 笑う

 

朝は最高の1日をスタートする最も大切な時間です。

 

それぞれの効果と、僕の経験を交えながら解説していきます。

関連:【朝活無双】毎朝やりたいおすすめの習慣12選と継続のコツ3つ

 

1.早起き

早起きは、全ての習慣をつくる最重要の習慣です。

早起きから全てが始まると言っても過言ではありません。

 

言うまでもなく、早起きはメリットだらけです。

 

例えばお金の面から考えると、早起きしている人はお金持ちになれる確率が高いことがわかっています。

 

年収400万円未満では朝型人間が3割程度であるのに対し、年収900万円前後では5割近くが朝型。

年収1400万円では6割以上が朝型という結果になった。

 

〜中略〜

 

貯金額の違いはもっと鮮明だ。

貯金ほぼゼロ(100万円未満)層だと、朝型人間が約2割、夜型人間が約5割であるのに対し、貯金5000万円以上では、朝型が約4割、夜型が約2割と、ほぼその比率が逆転している。

 

つまり、朝型の人は夜型の人に比べて、平均的に「年収が高く、貯金も多い」のだ。

出典:PRESIDENT Online

 

世界有数の資産家として知られているAmazonの創業者「ジェフ・ベゾス」も早起きで有名ですよね。

ジェフ・ベゾス 早起き

出典:Wikipedia

 

やはり、早起きが最強です。

 

2.アファメーション

アファメーションとは、ポジティブな言葉でなりたい自分に導くことです。

簡単に言うと、自己暗示です。

 

「そんなのやって効果あるの?」と思うかもしれませんが、ガチで効果あります。

 

なぜなら人が行う行動は、発言したり人から聞いたりする言葉からつくられるからです。

 

具体例は、アファメーションに関するおすすめの1冊『「言葉」があなたの人生を決める 』から引用します。

 

たとえば、「私はお金持ちになれる」という言葉を受け入れている人は、見事にお金持ちになっていきます。

 

また、「美しい女性(あるいは、ハンサムな男性)と結婚するぞ」と思っている人は、自らの美醜にまったく関係なしに、美しい女性(ハンサムな男性)と結婚します。

 

「え?」と驚くような人がたいそうなお金持ちになったり、とびきりの美人(ハンサム)と結婚したりする例は、身の周りにいくらでも見ることができます。

 

それができないのは、その人が単に、「高望みをしてはいけない」とか「自分には無理だ」という言葉を受け入れているからです。

 

「自分にはできない」と思って、自らを制限しているわけですから、できなくて当然です。

出典:「言葉」があなたの人生を決める

 

つまり、「自分にはできない」と口にすると、本当にできない人になり、

「自分にはできる」と口にすると、本当にできる人になる。

 

できる人になるために行動をうながすのが、アファメーションです。

 

ツボツボ(仮)
実際に僕も、「今日も最高に気持ちいい1日だなあ」という言葉で、毎日が変わりつつある1人です。

 

あなたも毎朝ポジティブな言葉を口に出してみましょう。

 

その一言の習慣であなたは変わります。

 

3.朝日を浴びる

朝起きてから、積極的に朝日を浴びていますか?

 

実は朝日を浴びるのには、以下のような素晴らしい効果があるんです。

 

  • セロトニン』という活動を促すホルモンが分泌され、体の中から目覚める
  • 体内時計が整い、夜になると自然に眠れるようになる
  • ビタミンDが生成され、体の免疫力が向上する

 

朝日は、仕事・睡眠・健康の全ての土台です。

 

朝日を浴びるだけでこれだけの効果があるなら、やらない理由はありません。

 

4.体重計に乗る

体重計に乗る理由は、自分の健康に意識を向けるためです。

 

ポイントととしては、体重だけでなく、体脂肪率や体年齢など、様々な項目を図れる体重計に乗ること。

 

僕は下の画像の体重計を使っていますが、いろいろな項目が測れれば何でもOKです。

体重計

出典:Amazon

 

大事なのは、客観的な数字と毎日向き合うことです。

 

「最近体重増えてるな」

「体脂肪率増えちゃったな」

「体年齢めっちゃ衰えてるー」

 

体重計に乗るだけで、自分の体の変化に気づくことができます。

 

健康的への意識を高めるためにも、体重計は必須と言ってもいいでしょう。

 

ツボツボ(仮)
乗るだけなので、誰でも簡単ですしね。

 

ちなみに、朝に体重計に乗る理由は、食事などによる体重の変化を受けにくいからです。

 

5.コップ1杯の水を飲む

コップ1杯の水を朝に飲むことには、水分をとる以外にも大きな目的があります。

 

腸を目覚めさせて自然な便意を誘発するためです。

 

通常、朝は腸がまだ動いていない時間帯です。

しかしコップ1杯の水で、動いていない腸を目覚めさせることができます。

そして腸が目覚めると、自然な便意が誘発されます。

 

便をためこまず、腸をよい状態に保っておくことは健康の鉄則です。

 

ツボツボ(仮)
あなたもコップ1杯の水で、健康な腸をつくりましょう。

 

おすすめの量は、コップ1杯にたっぷり入れた200ml〜250mlです。

少ない量だと効果が弱まるので、けっこう多めに飲みましょう。

 

6.散歩

朝の散歩は最強習慣として数々の本で紹介されています。

 

例えば、精神科医の樺沢紫苑さんが書かれた『ストレスフリー超大全』でも、最高のモーニングルーティーンとして朝の散歩が取り上げられています。

 

朝の散歩のメリットは、以下の3つです。

 

  • セロトニン』という活動を促すホルモンが分泌され、体の中から目覚める
  • 体内時計が整い、夜になると自然に眠れるようになる
  • ビタミンDが生成され、体の免疫力が向上する

 

これは、朝日を浴びるのところでも紹介していますが、完全に散歩の方がその効果は絶大です。

 

毎日でなくてもいいので、15分〜30分の散歩を朝の習慣にとりいれましょう。

 

ツボツボ(仮)
いきなり毎日はキツイと思うので、始めは散歩の曜日を固定するのがおすすめです。

 

7.決まった服を着る

毎朝決まった服を着るのは、余計な時間を短縮する以外にも理由があります。

 

それは、ムダな意思決定の回数を減らせるということです。

 

スティーブ・ジョブズが毎日決まった服を着ていたのは有名な話ですよね。

 

スティーブ・ジョブズ 服 同じ

出典:Wikipedia

 

これは面倒だからではありません。

意思決定の回数を減らすためです。

 

人が1日にできる意思決定の回数には、限りがあります。

この意思決定の回数を意識的に減らすことができれば、その他のことに使う意思決定の回数を増やすことができます。

 

要は、「服なんかに力を使わずに、大事なことに力を注ごう」ということです。

 

  • 何着ようかな
  • どれと合うかな
  • これ似合ってるかな

 

こんなことに、あなたの大事な意思決定の回数を使っている場合ではありません。

服は、毎日決まった服を着るか、着る服の順番を決めておきましょう。

 

8.ワキぬり

ワキぬりとは、こういうやつのことです。

 

ワキぬり

出典:Amazon

 

個人的な意見ですが、ワキぬりは全人類やるべきだと思っています。

 

特に男性。

男性は、ワキ毛などの影響で汗をかきやすく、めちゃくちゃ臭いやすいからです。

 

ツボツボ(仮)
「おれのワキくさっ」となった経験ありますよね。

 

それを直ヌリするだけで防いでくれるのが、ワキぬりです。

はい、最強

 

夏はもちろんですが、冬にも毎日行いたい習慣です。

 

9.野菜・フルーツをとる

「朝食をとった方がいい」っていうのはよく聞きますますよね?

確かに、朝食には幸福度を上げる効果があるので、朝食をとるのは正解です。

 

ただ、もっと朝食で幸福度を上げる方法があります。

それは、野菜やフルーツをとることです。

 

東北大学が行った調査では、野菜やフルーツをとった人の方が、パンやご飯だけを食べている人より幸福度が高いことがわかっているんです。

出典:東北大学|朝ごはん習慣と幸せ度

 

 

朝ごはんは、なんとなく食べるだけではいけません。

野菜やフルーツを積極的にとっていきましょう。

 

「何を食べたらいいかわからない」「めんどくさい」という人は、朝食+以下のような野菜ジュースでもOKです。

参考:カゴメ 野菜生活100

 

10.朝食をよく噛んで食べる

朝食シリーズ第二弾です。

 

「よく噛んで食べると肥満防止につながる」という話を、一度は聞いたことがある人もいるでしょう。

もちろんそれは本当なのですが、今回僕がおすすしたいポイントは、そこではありません。

 

朝食をよく噛んで食べる理由は、セロトニンが分泌されるからです。

 

セロトニンとは、活動を促すホルモンのことでしたね。

 

要は、よく噛んで食べる→セロトニンが出る→朝から元気モリモリ

 

こんな感じです。

 

今日から、よく噛んで朝ご飯を食べることを習慣にしてみてください。

口の中が完全になくなるまで、次の食べ物を口に入れないのがコツです。

 

11.カフェインをとる

カフェインには脳のパフォーマンスを高める効果があります。

 

あのメンタリストのDaiGoさんも、毎朝の習慣にコーヒーをとりいれているそうです。

コーヒーはカフェインの補給によって脳のパフォーマンスを高めるためです。

出典:PRESIDENT Online

 

しかし、「コーヒーは毎日飲んでるよ」という人も、注意してほしいことが1つあります。

それはカフェインをとる時間帯です。

 

知らない人も多いですが、カフェインは起きてから1時間以内にとると逆効果になります。

カフェインが、起きて1時間後ぐらいに分泌される『コルチゾール』という脳を覚醒させるホルモンを減少させてしまうからです。

 

そのため、カフェインをとるなら起きてから1時間以上たってからがおすすめです。

 

カフェインを適切な時間にとる習慣で、あなたも脳のパフォーマンスを上げていきましょう。

 

12.挨拶

いきなり小学生の目標みたいな話になりましたが、挨拶の効果をなめてはいけません。

 

挨拶には人間関係を良くする効果があるからです。

 

「そんなのわかってるよ」という人もいるかもしれませんが、やはり何事も基本が最重要なんです。

 

  • 家族
  • 職場
  • 友達

 

全ての人間関係の土台は挨拶です。

 

今日から出会う人みんなに「おはよう」と挨拶をしてみましょう。

あなたの「おはよう」で幸せになる人がいるはずです。

 

僕は、家族の「おはよう」が聞けるだけで毎朝幸せを感じています。

 

13.笑う

挨拶とセットで行いたい習慣が笑う習慣です。

 

「ちゃんとした根拠あるの?」と思った理屈っぽいあなた。

笑うことにも科学的根拠があるんです。

 

人間の体内には、NK(ナチュラルキラー)細胞と呼ばれる免疫に関わる大切な細胞があります。

実は笑うことで、このNK細胞が活性化することがわかっているんです。

参考:笑いと免疫能

 

まあぶっちゃけ言うと、笑うことに関してはメリットがどうこうより楽しむことが大事です。

 

ツボツボ(仮)
笑ったらストレス発散になりますしね。

 

「なんか最近つまらないな」という人は、鏡の前で作り笑いをすることを習慣にするだけでもOKです。

 

まずは自分が楽しめる状況を意識してつくることで、毎日を楽しみましょう。

 

【まとめ】毎朝やりたい習慣

 

  • 早起き
  • アファメーション
  • 朝日を浴びる
  • 体重計に乗る
  • コップ1杯の水を飲む
  • 散歩
  • 決まった服を着る
  • ワキぬり
  • 野菜・フルーツを食べる
  • 朝食をよく噛んで食べる
  • カフェインをとる
  • 挨拶
  • 笑う

 

目次に戻りたい人はこちら

 

夜の習慣

朝の習慣で、最高の1日をスタートできそうな気がしてきましたか?

 

次は1日の終わり、夜に毎日やりたい習慣です。

 

  • オレンジ色の照明
  • ブルーライトを絶つ
  • 湯船につかる
  • 風呂上がりのストレッチ
  • 寝る2時間前までに夜ご飯を食べ終える
  • 明日の予定を立てる
  • フロス
  • 1日を振り返る
  • 瞑想
  • スマホを別室に封印する
  • 0時までに寝る

 

夜に行う習慣は、睡眠に大きく関わってきます。

 

すぐに実践できることから意識して習慣にしてみましょう。

 

14.オレンジ色の照明

「どういうこと?」と思われるかもしれませんが、照明が意外に重要なんです。

 

オレンジ色の照明というのは、こんな感じのやつ。

 

オレンジ色の照明

出典:Amazon

 

「照明の色を変えるだけでなんか変わるの?」と思われるかもしれません。

 

しかし実は、夜になったら照明をオレンジ色に変えるだけで、眠りにつきやすくなることがわかっています。

 

白色の照明が『セロトニン』と呼ばれる活動ホルモンの分泌を促してしまうのに対し、オレンジ色の照明は『セロトニン』が分泌されないからです。

 

要は、「白色→活動モード」「オレンジ色→おやすみモード」ということ。

 

照明の色を変えるだけで体のモードを調整できるなら、やらない理由がありません。

 

最近の照明は、白色とオレンジ色をスイッチ1つで変えられるものがほとんどです。

参考:アイリスオーヤマ LEDシーリングライト

 

タイミング的には、風呂から出たらオレンジ色にするぐらいでOKです。

 

15.ブルーライトを絶つ

こちらも自然な睡眠を促すシリーズ。

 

スマホやTVから出される光のことをブルーライトと呼びます。

このブルーライトを夜に浴びすぎると、目が覚醒してしまって自然な眠りにつけません。

 

そこで、ブルーライトを意識的に浴びない工夫が必要です。

 

  • ブルーライトカットのメガネをする
  • iPhoneの画面をナイトシフトにする
  • 寝る前はスマホやTVを見ない

 

究極の理想は、寝る1時間前ぐらいからスマホやTVを見ないことです。

 

寝付きが悪い人は、やってみる価値アリです。

 

16.湯船につかる

湯船につかることにも、ちゃんとした理由があります。

 

  • 疲れをとるため
  • 血行を良くするため
  • 自然な眠りを促すため

 

「夏は暑いから湯船に入りたくないな」という人も、なるべく湯船につかるようにしましょう。

特に1人暮らしの男性は「めんどくさいから」という理由で入らない人が多いので注意。

 

どうしても難しい場合は、風呂桶を使って足湯みたいにするだけでもOKです。

 

自分の睡眠や健康に、少しでも気を使うのがプロの仕事人ってやつです。

 

17.風呂上がりのストレッチ

風呂上がりのストレッチもバカにしてはいけません。

 

  • 体が柔らかくなり、ケガしにくい体になる
  • 血行が良くなり、疲れがとれる
  • 副交感神経が有利になり、眠りにつきやすくなる

 

どんなストレッチでも構いません。

ちょっとストレッチするだけでも、健康意識が高まってくるからです。

 

本格的にやりたいという人は、以下のようなサイトが参考になるかと思います。

参考:お風呂上がりが効果的!体のこりをほぐす簡単疲労回復ストレッチ3選

 

風呂上がりのストレッチで、あなたも健康への意識を高めましょう。

 

18.寝る2時間前までに夜ご飯を食べ終える

寝る直前にご飯を食べると熟睡できません。

 

これは科学的にも明らかになっています。

ご飯によって腸の働きが活発になることが主な原因です。

 

ツボツボ(仮)
なので、寝る2時間前ぐらいまでには夜ご飯を食べ終えておきましょう。

 

どうしても寝る前にご飯を食べないと行けない場合は、スープ・豆腐など消化しやすいものがおすすめです。

 

お腹いっぱいで眠ってはいけません。

太りますしね。

 

19.明日の予定を立てる

あなたは、朝起きてから当日の予定を立てていませんか?

 

それではダメです。

朝は脳のゴールデンタイムだからです。

 

朝は、生産性がMAXに高まっています。

朝の時間を有意義に使うためにも、明日の予定は前日の夜に決めておきましょう。

 

  • いつやるのか
  • 何をやるのか
  • 本当に重要なことは何か

 

7つの習慣』的に言うと、「緊急性が低く・重要性の高い」項目に注力するのが大事です。

そのためにも、明日の計画を前もって立てる習慣は必須です。

 

20.フロス

フロスを使ったことがありますか?

 

実は、フロスを使うのと使わないので歯垢の除去率が大きく変わるんです。

 

フロスとハブラシの併用で歯垢除去率は1.5倍にもなります。

予防歯科先進国のスウェーデンでは2人に1人が、普段からデンタルフロスを使用しています。

フロスとハブラシの併用で歯垢除去率大幅アップ!

出典:クリニカ

 

歯は、1本100万円・全部では約3,000万円とも言われています。

 

お金・食べる楽しみを失いたくないなら、普段から意識してメンテナンスするようにしましょう。

 

失ってから習慣にしても、意味はありません。

 

一応、Amazonで1番人気の『クリニカアドバンテージ デンタルフロス』のリンクを貼っておきます。

気になる方は、ご自由にどうぞ。

 

21.1日を振り返る

中学生の時の日記や反省を、テキトーにやっていませんでしたか?

 

ツボツボ(仮)
もちろん僕も、中学生の時の反省はめちゃくちゃテキトーにやってました。

 

でも実は、日記や反省には超重要な役割があるんです。

 

  • ストレスが解消される
  • 記憶力が向上する
  • ポジティブ思考になる

 

日記でも、1行ノートでも、なんでもかまいません。

とりあえず毎日の習慣にしてみることで、効果が必ず表れます。

 

特にネガティブ思考の人は、寝る前のポジティブ日記がおすすめです。

 

今日あったポジティブな出来事、楽しい出来事、うれしい出来事などを「3つ」書くというもの。

出典:学びを結果に変えるアウトプット大全

 

22.瞑想

「いきなりスピリチュアルな話になったな」と思ったそこのあなた。

瞑想をなめてはいけません。

 

瞑想にはちゃんとした科学的な根拠があるんです。

 

  • ストレス解消
  • 集中力向上
  • 脳機能の向上

 

登録者90万人超えのマコなり社長のYouTubeでも、上記の瞑想の効果について語られています。

参考:【15分で全回復】自宅で出来る超リフレッシュ術 TOP3

 

1日数秒でもいいので瞑想を習慣にしてみましょう。

 

1番のおすすめは寝る直前です。

 

23.スマホを別室に封印する

スマホをベッドに持ち込んでいませんか?

 

「友達とLINEしたいから」

「スマホが無いとヒマだから」

「目覚ましとして使っているから」

 

色々な言い訳が聞こえてきそうですが、そんなあなたに厳しく言わせてください。

 

「ベッドにスマホを持ち込むな」

 

ベッドのスマホは睡眠を妨げる最大の敵です。

 

ツボツボ(仮)
寝る時はスマホを別の部屋に置いて寝るのを習慣にしてみましょう。

目覚ましがない人は買いましょう。

 

それだけで睡眠の質が数倍になりますよ。

 

24.0時までに寝る

何時に起きるかにもよりますが、遅くても0時までには寝るようにしましょう。

最適な睡眠時間は7時間ぐらいと言われているからです。

 

要は、6時起き→23時・5時起き→22時ぐらいには寝たいところ。

 

睡眠時間を短くすることは、どんなに忙しくても得策ではありません。

 

 

「睡眠時間を削ること=寿命を削ること」

 

この意識を持って睡眠を改善していきましょう。

 

スマホを別の部屋に封印して布団に行ければ、もう勝ちです。

やることがないので、寝るしかないからです。

 

【まとめ】毎晩やりたい習慣

 

  • オレンジ色の照明
  • ブルーライトを絶つ
  • 湯船につかる
  • 風呂上がりのストレッチ
  • 寝る2時間前までに夜ご飯を食べ終える
  • 明日の予定を立てる
  • フロス
  • 1日を振り返る
  • 瞑想
  • スマホを別室に封印する
  • 0時までに寝る

 

目次に戻りたい人はこちら

 

定期的にやりたい習慣

ここまでは、朝や夜に毎日行いたい習慣を紹介してきました。

 

ここからは、週1・月1・年1など、定期的に行いたい習慣を紹介していきます。

 

定期的に行いたい習慣は以下の通りです。

  • サウナ
  • 自然とふれあう
  • 体に良い食べ物を積極的にとる
  • 体に悪い食べ物をなるべくさける
  • 筋トレ
  • 健康診断
  • 歯医者
  • アウトプット
  • 悩みを書き出す
  • 新しい出会いを求める
  • 旅行
  • 募金
  • 親に感謝を伝える

 

これらの習慣を定期的に行えば、刺激的・健康的・ストレスフリーな生活が待っています。

 

あなたの人生の幸福度をあげるためにも、できるところから実践してみましょう。

 

25.サウナ

サウナの効果は色々ありますが、疲れがとれて眠りにつきやすくなることが最大のおすすめポイントです。

 

あんまりサウナに行く習慣がない人もいると思いますが、ガチで行った方が良い。

 

ツボツボ(仮)
疲れがブッ飛んで、ベッドに乗った瞬間に眠れるようになりますよ。

 

リアルに1分です。

 

(サウナについては、熱く語ると止まらないので、これだけに抑えておきます。)

 

26.自然とふれあう

最近、子供のように外で遊びましたか?

 

大人になると子どもの頃を忘れて、誰もがスマホ中心の生活になってしまいがちです。

 

  • 森林浴
  • 水遊び
  • バーベキュー

 

自然を感じられることを定期的にやってみましょう。

 

自然と触れ合うと『コルチゾール』というホルモンが減って、ストレス解消につながりますよ。

 

特に子どもがいない人は、自然と触れ合う機会が少ない傾向にあります。

自分が小さかった頃を思い出して、積極的に外に出てみましょう。

 

27.体に良い食べ物を積極的にとる

体に良い食べ物を毎日食べていますか?

 

そもそも何が体に良いのか知らないよ

 

そんな人のために、科学的に体に良いと言われている食べ物を少し紹介しますね。
ツボツボ(仮)

 

  • 玄米
  • 野菜
  • フルーツ
  • ナッツ
  • オリーブオイル

出典:世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

 

どの食べ物も健康な体をつくるには最適な食材ばかりです。

 

玄米などはハードルが高いかもしれませんが、ナッツなどは今日からでも取り入れられます。

参考:ミックスナッツ

 

取り入れやすいところから週に1回でもいいので取り入れてみましょう。

 

28.体に悪い食べ物をなるべくさける

次は逆に、体に悪い食べ物です。

 

  • 赤い肉(豚肉・牛肉)
  • 加工肉(ハム・ソーセージ)
  • バター・マーガリン

出典:世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

 

これら以外にも体に悪いことがわかっている食べ物はたくさんありますが、塩分や糖分が多いものは、基本的になるべく避けるようにしましょう。

 

でも、すべてを完ペキに避けるのは絶対に不可能です。

 

考えすぎない程度でいいので、定期的に思い出して徐々に習慣化してみましょう。

 

29.筋トレ

あなたは筋トレしてますか?

 

「絶対に筋トレじゃないとダメ」という訳ではありませんが、定期的に運動をする習慣はめちゃくちゃ大切です。

 

僕が1年続けてきて感じた筋トレの効果は、以下の通りです。

  • 筋肉がついて自信がついた
  • 食事に気を使うようになった
  • 健康に気を使うようになった

 

筋トレの良いところは、思考・食事・健康など他の分野にも相乗効果が表れることです。

「筋肉がついてきたから、なんかイケそうな気がする」

「せっかく筋トレ頑張ったんだから、お菓子はやめよ」

「筋肉のつきやすい食事を食べるようにしよ」

 

筋トレは正義です。

 

筋トレに少しでも興味がある人は、筋トレ界のレジェンド『Testosterone』さんのTwitter・本をご覧ください。

 

テストステロンさん 名言

出典:Twitter

著書:超筋トレが最強のソリューションである

 

ただし、筋トレのことしか考えられなくなるので注意です。

 

30.健康診断

健康診断に定期的に行っていますか?

 

ツボツボ(仮)
少なくとも1年に1回は、健康診断に行きましょう。

 

病気が見つかってから後悔しても遅いからです。

どれだけ健康に見える人でも、何か体に異常があるかもしれません。

 

日頃から体に気をつかうためにも、健康診断は必須科目です。

 

31.歯医者

健康診断とセットで行いたいのが、歯医者に行くことです。

 

誰でも気づかないうちに虫歯になっていたり、歯石がたまって口臭の原因になっていることがあるからです。

 

歯の検診と歯石除去は、1回3,000円ほどでできます。

虫歯の治療も、普通の虫歯なら同じく約3,000円です。

 

歯は一生モノなので、歯への投資はケチるところではありません。

 

半年に1回や、1年に1回は歯医者に行きましょう。

 

歯医者や健康診断を習慣化したい場合は、カレンダーのアプリなどに繰り返し登録をしておけばOKです。

歯医者 繰り返し登録

こんな感じで、半年に1回予約をとるようにしています。

 

たったこれだけで、その日に予約をとれば習慣化完了です。

 

32.アウトプット

読書や勉強などで学んだ内容は、自分の中にただインプットするだけではいけません。

インプットと一緒にアウトプットしていきましょう。

 

  • SNS
  • 会話
  • ブログ

 

形はどんなものでも大丈夫です。

アウトプットすることで、記憶の中により鮮明に定着していきます。

 

アウトプットをなかなか習慣化できない人は、『学びを結果に変えるアウトプット大全』という本を一度読んでみてください。

気になる人だけでOKです。

 

33.悩みを書き出す

今悩んでいることはありませんか?

 

悩みは、頭の中だけでは絶対に解決しません。

解決していないから今も悩んでいるんです。

 

そんな人におすすめしたいのは、悩みを紙に書き出すこと。

とりあえず書くだけで、何かしらの解決策が見えてきます。

 

ちなみに僕は、『ゼロ秒思考』を参考に、1分間ひたすら手を動かすような感じでやっています。

 

大人になると、家でペンをもつ習慣が減ると思いますが、これはガチでおすすめです。

 

悩んだら書く”を習慣化していきましょう。

 

34.新しい出会いを求める

けっして変な意味ではないので誤解しないでください。

「自分から新しい人との関わりを積極的に求めていきましょう」ということです。

 

  • オンラインサロン
  • SNSのコミュニティ
  • 新しい職場

 

現代は新しい出会いのチャンスであふれています。

 

今の環境だけに囚われていては、発見はありません。

自分の知らない世界に飛び込んで、刺激を求めていきましょう。

 

“You are the average of the five People you spend the most time with.”

”あなたは、最も一緒に過ごす時間の長い5人の友達の平均になる”

Jim Rohn

 

これは、「あなたをつくるのは、過ごす時間の長い5人の友達である」ということを示している言葉です。

 

年収・趣味・思考・行動・外見など、あなたを構成するものは周りの環境で決まります。

 

「自分を変えたい」という人は、まずは周りの環境を変えることから始めてみましょう。

 

35.旅行

旅行は、最強のストレス解消です。

また旅行には、人生を変えるような発見や出会いが生まれる可能性もあります。

 

「なかなか旅行に行けないんだよなあ」という人も、そんなに大がかりな旅行じゃなくても大丈夫です。

 

いつも行かないところに、ちょっと足を運んでみましょう。

  • 隠れ家カフェ
  • 近くの人気ホテル
  • 日帰り旅行

 

どんなことでも構いません。

 

あなたが旅行だと思えば、それは旅行です。

 

36.募金

ぶっちゃけ募金は、メリットを知ってやるものではありません。

本質的には自ら進んでやるものです。

 

しかし、募金のように”誰かのためにお金を使った方が、自分にお金を使うより幸せになれる”という事実は知っておきましょう。

 

99.9%は幸せの素人』という本でも、誰かのためにお金を使った人は、幸福度が上がることが紹介されています。

 

誰かのためにお金を使った人は、「寄付しなかった人々」に比べて人生により多くの満足感を感じていることがわかりました。

 

その傾向は豊かな国でも貧しい国でも同じで、チャリティーに寄付することによって、家庭の所得が2倍になったのと同じくらい幸福度が上昇することが判明したのです。

出典:99.9%は幸せの素人

 

家庭の所得が2倍になるほど幸福度が上がるというのは驚きですね。

 

GIVEの習慣は、結果的に自分の幸せにつながります。

 

37.親に感謝を伝える

最近、親に感謝を伝えましたか?

 

「恥ずかしいから言えない」

「そんなキャラじゃないから」

「あんまり会わないから言うタイミングがない」

 

でも、そんなことで感謝を伝えるのをやめてはいけません。

 

極端な話、親も友達も同僚も、いつまで生きているかなんてわからないからです。

そんな中でも特に、親には感謝をしたい人が多いでしょう。

 

父の日や母の日、誕生日など、感謝を伝えるタイミングはいくらでもあります。

 

言い訳を考える前に、大切な人に「いつもありがとう」と、一言伝えるのを習慣にしましょう。

そのたった一言で、親は笑顔になってくれるはずです。

 

【まとめ】定期的にやりたい習慣

 

  • サウナ
  • 自然とふれあう
  • 体に良い食べ物を積極的にとる
  • 体に悪い食べ物をなるべくさける
  • 筋トレ
  • 健康診断
  • 歯医者
  • アウトプット
  • 悩みを書き出す
  • 新しい出会いを求める
  • 旅行
  • 募金
  • 親に感謝を伝える

 

目次に戻りたい人はこちら

 

やめてよかった趣味の習慣

ここまでは、生活にとりいれたい行動の習慣を紹介してきました。

 

次は逆に、やめた方がいい趣味の習慣を紹介していきます。

  • タバコ
  • ギャンブル
  • SNS
  • YouTube
  • TV
  • ニュース
  • ゲーム

 

ここではあえて、「タバコは肺がんのリスクが〇〇倍で…」みたいに科学的なデメリットなどは、あまり述べないことにします。

 

やめられない人も「そんなことは知ってるよ」と、なってしまうからです。

 

ツボツボ(仮)
ですので、やめたい趣味の習慣では、僕の実体験を多めに紹介していきます。

実際にやめた人の経験談の方が、心に響く可能性が高いと思うからです。

 

 

おすすめのやめ方もセットで紹介していますので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

失った時間は戻ってきませんが、未来は変えられます。

 

今からやめてもけっして遅くはありません。

 

38.タバコ

タバコは、今すぐやめたい習慣No.1。

まさに百害あって一利なしです。

 

僕は、昔タバコを吸っていた自分を憎むぐらいのレベルです。

 

なぜならタバコは、お金だけでなく時間を奪うものだからです。

 

  • タバコを吸う時間
  • タバコを買う時間
  • タバコによって縮まる寿命

 

失ったお金は取り戻せるのでまだいいですが、失った時間は100%返ってきません。

 

 

考えてみてください。

 

あなたの大切な人は誰ですか?

その大切な人との時間を失ってまでタバコを吸う必要がありますか?

 

喫煙者の人は、もう一度自分の胸に聞いてみてください。

 

タバコでどれぐらい寿命が縮まるかは、以下のサイトで簡易的に計算できます。

 

タバコ 計算

出典::keisan|タバコを吸って何歳まで?

 

タバコを意志の力だけでやめることは不可能です。

依存症という病気だからです。

 

「やめたい」と少しでも思った人は、思いきって禁煙外来にいきましょう。

 

「〇〇市 禁煙外来」と検索すれば出てきます。

 

郡上市 禁煙外来

 

禁煙外来の相場は、コミコミで2〜3万円ほどなので、金額的にはタバコ約2,3ヶ月分です。

 

39.ギャンブル

ギャンブルも、絶対にやめた方がいい趣味ランキングの常連です。

 

ツボツボ(仮)
僕はパチンコにハマりすぎて、大学を中退してしまったほどなので。

 

でも、負けるのはわかっているけど行っちゃうんだよ。

 

ツボツボ(仮)
確かにそうですよね。

そんな人におすすめの方法は、現金銀行のカードを持たないという方法です。

 

最近はキャッシュレスが浸透してきているので、現金がなくても案外どうにかなります。

 

僕は、この方法で物理的にパチンコに行けなくなったので、やめられました。

 

最初は現金だけ持たないようにしていたんですが、最終的には銀行のカードも持たないようにしました。

銀行のカードがあると、お金をおろして行っちゃうほど依存していたので。

 

もし、「本気でやめたい」という覚悟のある人は、Twitterお問い合わせに相談メッセージを送ってください。

僕も本気でお手伝いします。

 

40.お酒

お酒を飲む習慣は、完全にやめなくても良いと思います。

適量なら多少のメリットもあるからです。

 

ただ個人的な意見としては、お酒を飲む習慣はやめるべきだと思います。

お酒は、うまく付き合うのが難しいからです。

 

  • ちょっとにしようと思っていたのに飲みすぎたり
  • お菓子を食べすぎたり
  • 夜ふかしにつながったり

 

お酒は悪習慣の引き金になりがちです。

 

なので僕は、家でお酒を飲むのをやめました。

お酒をそもそも買わないという物理的な方法で。

 

実家に帰ったりしたら飲むことはありますが、家では基本的に飲みません。

 

お酒をやめてから、朝の目覚めが格段に良くなるなど、本当に良いことばかりです。

 

ツボツボ(仮)
「お酒が悪習慣につながっているな」と感じている僕みたいな人は、1度やめてみましょう。

 

41.SNS

SNSに関しても、すべてを否定するつもりはありません。

本気で向き合ったり、アウトプットの場として使えば、SNSほど素晴らしいものはないからです。

 

ただ危険なのは、SNSの依存度の高さです。

 

学生はもはや言うまでもないと思いますが、大人も例外ではありません。

ヒマがあればSNS」という流れが日常化しているからです。

 

あなたもヒマさえあればSNSをチェックしていませんか?

 

SNSを傍観しても、何も得られるものはありません。

 

簡単にできる対処法としては、ホーム画面の手の届くところにSNSを配置しない方法がおすすめです。

ツボツボ ホーム画面

 

僕はこの方法で、「ヒマがあればSNS」という流れを断ち切ることができました。

 

もしよければ参考にしてください。

 

ツボツボ(仮)
僕はめんどくさがり屋なので、こういう物理的な方法が効果バツグンのようです。

 

42.YouTube

幼児から大人まで、生活のインフラ的な存在に君臨しているのがYouTubeです。

 

能動的に使いこなせば、かなり有益なものも多いですが、ご存知の通りYouTubeは中毒性がスゴイ。

1度見始めたら本当に止まりません。

 

それもそのはずです。

YouTubeは利用者を依存させる仕組みをつくっているからです。

 

  • おすすめの動画
  • 人気の動画
  • バズっている動画

 

あらゆる手を使ってあなたをハマらせようとしてきます。

 

YouTubeをやめたい場合は、アプリに使用制限をかけるなど、自ら関係を絶つ対策が100%必要です。

 

iPhoneの場合は、スクリーンタイムという機能を使えば、簡単に制限をかけられるので、一度やってみてください。

参考:iPhone、iPad、iPod touch でスクリーンタイムを使う

 

43.TV

最近は、YouTubeの影響で影を潜めているTVですが、まだまだその影響力は顕在です。

 

TVの1番の問題は、とにかくダラダラ見てしまうこと。

この状態がめちゃくちゃ危険。

受動的な視聴だからです。

 

これはYouTubeも同じですが、「とりあえず見る」のでは、ただの時間のムダになってしまいます。

この「とりあえず見」をやめることが、TVを断ち切る第1歩です。

 

リモコンを2階に置くなど、物理的にめんどくさい作業を増やせば、案外TVもやめられます。

 

やっぱり物理的方法が最強かも。

 

44.ニュース

ここでいうやめた方がいい習慣とは、あなたに関連のないニュースのことです。

 

  • 芸能人の不倫ニュース
  • 今日の運勢
  • かわいい動物

 

こんなものを見て、あなたに何かメリットがありますか?

 

何のメリットもないはずです。

(かわいい動物に癒やされるという人もいるかもしれませんが)

 

これは、『News Diet』という本にも書かれています。

「能力の輪」が明確になれば、あなたに関連のあるものとないものとの区別ができる。

 

その輪の内側に入るものはあなたにとって関連があるが、それ以外はすべてあっさりと無視してしまってかまわない。

 

「能力の輪」の外側にあるニュース記事を消費したところで、あなたが得るものは何もない。

 

時間が無駄になるだけだ。

出典:News Diet

 

7つの習慣』の関心の輪の考え方と同じです。

 

まずは、関係のないニュースが入ってこない環境をつくるのが、ニュースを絶つことにつながります。

 

ニュースはスマホのアプリは1つだけにして、TVのニュースは見ないようにするなど、まずは環境から整えていきましょう。

 

45.ゲーム

 

  • モンスト…5年
  • パズドラ…7年
  • PS4…10年

 

はい。昔の僕のことです。

 

僕も昔は完全にゲーマーでした。

冗談抜きで「ゲームのために生きている」っていう感じの。

 

ただ、そんな昔の僕に言いたいことがあります。

 

ゲームは、時間とお金を奪う”泥棒”です。

 

長いことゲームと付き合ってきましたが、今はゲームをやめて本当に良かったと思います。

時間やお金にも余裕ができる生活になったからです。

 

「今までこんな時間やお金をかけてきたんだから」という理由で、ゲームをやめるのをためらってはいけません。

 

過去は戻ってきません。

未来に目を向けましょう。

 

僕は、データをすべて消去するという方法で、スマホゲームもPS4も完全に決別しました。

 

さあ、あなたはどうしますか?

 

【まとめ】やめてよかった趣味の習慣

 

  • タバコ
  • ギャンブル
  • SNS
  • YouTube
  • TVニュース
  • ゲーム

 

すべてに応用できる悪習慣をやめるコツは、『習慣超大全』という本の「CHAPTER 7 悪習をやめる」がおすすめです。

 

「悪い習慣をやめてみたい」と少しでも思った人は、1度読んでみると良いかもしれません。

 

目次に戻りたい人はこちら

 

やってよかった勉強

ここからは、自分の将来のために行う勉強の習慣について紹介していきます。

 

  • 読書
  • ブログ
  • 英語
  • 耳学
  • お金

 

本当はたくさん紹介したいところですが、今回は僕が実際にやって良かった勉強だけに絞りました。

 

個人的な感想を交えながら、紹介していきます。

 

 

勉強を習慣化するコツについては、【脱凡人】社会人が勉強を習慣化する5つのコツ【時間・スマホが鍵】の記事で詳しく解説しています。

 

46.読書

読書を勉強と定義するかはビミョーなところですが、個人的には立派な勉強だと思います。

 

読書は自分を成長させてくれる最高の自己投資だからです。

 

読書のメリットは、もはや述べる必要がないほどだと思うので、ここでは僕が実際に感じた読書の効果を紹介させてもらいます。

 

  • アイディアがポンポン出てくるようになった
  • 知識量がハンパなく増えた
  • めちゃくちゃ視野が広がった

 

1番の実感としては、視野が広がったことですね。

 

今までの見ていた世界がめちゃくちゃ狭く感じるレベルで。

 

  • 転職を考えるようになったり
  • 副業を始めたり
  • 投資を始めたり

 

あげたらキリがないほどです。

 

とりあえず読書は、習慣化したほうが良いランキングトップ3に入る最強習慣です。

 

「本を読みまくりたいぜ」という人は、Kindle Unlimitedという本の読み放題サービスを使ってみると良いかもしれません。

無料で最初の1ヶ月は使えるので。

 

僕は実際に、Kindle Unlimitedを1年以上使って本を読みまくってます。

Kindle 読書履歴

 

47.ブログ

「ブログって勉強なの?」と思ったそこのあなた。

さては、ブログの奥深さを知りませんね?

 

  • 発信力
  • 文章力
  • マーケティング力

 

ブログは、現代に必要とされるスキルを磨くのに超最適です。

 

ツボツボ(仮)
僕は「もっとブログの存在を早く知りたかったーーー」とガチで後悔しています。

 

お金を稼げる可能性があるのはもちろんですが、それ以上に自分の勉強になります。

 

習慣化するのはかなり難易度が高いですが、「やってやるぜ」という心意気のある人は、やってみてください。

ブログは、最短5分・毎月1,000円以下で始められます。

 

やるかやらないかは、あなた次第です。

 

48.英語

おすすめの勉強習慣3つ目は、英語の勉強です。

 

僕が英語を勉強して良かったと思う理由は、以下の通りです。

 

  • NBA中継を英語でなんとなく聴けるようになった
  • 海外に行きたいという気持ちが強くなり、副業のモチベが上がった
  • 英語が聴きとれるようになって、勉強が楽しいと思えるようになった

 

英語のスゴイところは、相乗効果があるところですね。

 

こんな感じです。

 

英語の勉強をする→英語楽しい→もっと勉強しよ→他も頑張ろ

 

「楽しめるのって英語ができる人だけでしょ?」と思われるかもしれませんが、そうとは限りません。

 

成長を実感できれば、誰でも楽しめます。

 

英語の勉強を始めるなら、社会人はとりあえずTOEICの勉強から始めましょう。

 

僕はちなみにこの1冊から始めました。

参考:はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略

 

英語の勉強を習慣化すると楽しいですよ。ほんとに。

 

49.耳学

耳学とは、耳で聴く勉強法のことです。

英語のリスニングはもちろん、本の要約を聴いたり、有益なYouTube動画を聴いたり、使い方は様々です。

 

  • 家事の最中
  • 通勤中
  • 仕事の休憩中

 

基本的にどんなタイミングでも使えます。

 

時間を有効に活用するためにも、耳学の習慣は必須科目と言えるでしょう。

 

耳学の中でも、本の要約については【マコなり社長も絶賛】本の要約サービス flier(フライヤー)の全てで解説しています。

 

YouTubeを聞き流すのもかなり効果的です。

 

50.お金

ここでいうお金の勉強とは、実践的なお金の知識を身につけることを指します。

 

お金の勉強をしたい人は、僕がお金の勉強を始めるキッカケとなった両学長のYouTubeをとりあえず見てください。

 

ツボツボ(仮)
両学長の動画だけ見ておけばOKと言えるほど、本当に良質な動画ばかりです。

 

僕の宣伝を少しだけさせてもらうと、【必読】お金の勉強をこれから始める初心者におすすめの本3選の記事で、お金の勉強におすすめの本を紹介しています。

 

気になる人だけでいいので、読んでみてください。

 

【まとめ】やってよかった勉強

 

  • 読書
  • ブログ
  • 英語
  • 耳学
  • お金

 

目次に戻りたい人はこちら

 

お金の習慣

先ほどは、勉強習慣の1つとしてお金の勉強を紹介しました。

 

しかし、お金の勉強も何でもそうですが、勉強するだけでは意味がありません。

 

実際の行動に落とし込むことが大切です。

 

そこで、ここからは貯金や将来に直結するお金の習慣を紹介していきます。

 

  • ふるさと納税
  • キャッシュレス決済
  • リボ払いを使わない
  • 家計簿
  • サブスクの管理
  • 定期積立預金
  • 積立投資
  • 短期投資をやらない
  • 自己投資
  • 人的資本を大切にする

 

お金の習慣は、金銭的にすぐに効果が表れるものが多いのが特徴です。

 

まだやっていない習慣があったら、ぜひすぐに取り入れてみてください。

 

51.ふるさと納税

ふるさと納税は、やらない理由がないぐらいの超おすすめの制度

 

自己負担2,000円で、2,000円以上の返礼品を受け取ることが可能だからです。

 

詳細は、以下のバンクアカデミーさんの動画が最高にわかりやすいので、一度見てみてください。

参考:【保存版】ふるさと納税のやさしい始め方!仕組みやメリットなどを分かりやすく解説

 

ツボツボ(仮)
ちなみに楽天ふるさと納税なら、返礼品をもらって、なおかつポイント分だけ儲けることも可能です。

 

ふるさと納税は年に1回やるだけでOKなので、毎年通知を入れておけば習慣化できます。

 

ふるさと納税 習慣

こんな感じで、1年に1回ふるさと納税のことを自動で思い出しています。

 

知らない人は損をして知っている人が得をするのが、この社会の仕組みです。

 

自分から情報を積極的に仕入れて、行動することで毎日を変えていきましょう。

 

52.キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、クレジットカード・PayPayなどのようなものを指します。

 

すでに使っている人も多いと思いますが、キャッシュレス決済のメリットをあげておきます。

  • 早い
  • 身軽になる

 

ツボツボ(仮)
個人的な話ですが、僕はキャッシュレス決済をメインで使うようになってから財布を持たなくなりました。

 

いつも持ち歩く荷物が1つ減ったので、めちゃくちゃ快適です。

 

「クレジットカードとかは、お金いっぱい使っちゃいそうで怖いな」という人は、PayPayから始めてみてください。

 

キャッシュレス決済を習慣化すると、後で紹介する家計簿も楽になります。

 

53.リボ払いを使わない

キャッシュレス決済でクレジットカードを使う時に1つ注意点があります。

それは、リボ払いを絶対に使わないことです。

 

リボ払いとは、カードを使った分割払いのことです。

しかしリボ払いは、分割することによりバカ高い利子がつくのが大問題。

 

例えば、12万円の物を5,000円の24回払いで払うと以下のようになります。

 

リボ払い シミュレーション

出典:楽天カード

 

つまり、1.8万円も余分に払わないといけないんです。

 

リボ払いは、絶対に使わないようにしましょう。

 

「ポイントがもらえるから」という理由で始める人もいますが、払う金額が多くなってしまっては無意味です。

 

54.家計簿

「家計簿って主婦が付けるやつでしょ?」と思ったそこのあなた。

それは偏見です。

 

家計簿をつけてない人は今すぐ『マネーフォワード』をダウンロードしましょう。

 

これについては、両学長の動画を見てもらった方が早いと思うのでリンクを貼っておきます。

参考:第111回 学長おすすめの家計簿アプリ【マネーフォワードME】【お金の勉強 初級編】

 

  • Excel
  • その他の家計簿アプリ

 

自分に合った家計簿をいち早く見つけて、収支を把握しましょう。

 

僕は、キャッシュレス決済をメインで使っているので、自動で家計簿がつく『マネーフォワード』をメインで使っています。

 

ツボツボ(仮)
でも正直なところ、家計簿をつけるのであれば、何でも良いと思いますよ。

 

お金持ちへの道は、まずは家計簿をつける習慣からです。

 

55.サブスクの管理

あなたは、自分が入っているサブスクを全て把握していますか?

 

  • Amazon Prime
  • Netflix
  • Youtube Premiumなど

 

今の僕たちの生活はサブスクに支配されています。

 

そんな中、自分の入っているサブスクを管理していないのは危険です。

バケツに穴が開いているのに、気づいていないようなもんです。

 

自分の入っているサブスクは、必ず把握しておくようにしましょう。

 

そして、サブスクにはもう1つ問題があります。

 

ほとんどのサブスクが最初の1ヶ月を無料で使えてしまうということです。

 

これが非常に厄介。

なぜなら、1ヶ月たってもほとんどの人は解約しないからです。

 

「めんどくさいから」

「忘れていたから」

「まあいっか」

 

理由は様々ですが、とにかくみんな解約しません。

 

サブスクは、無料体験に登録した瞬間に、終了日をカレンダーなどに入れることを習慣にしておきましょう。

 

サブスク管理

 

56.定期積立預金

定期積立預金とは、自動で積み立てられていく定期預金のことです。

 

給料日の次の日などに設定しておくだけで、毎月誰でも自動でお金を貯めることができます。

 

例▼

給料日に20万円振り込まれる→自動的に5万円が預金される→結果的に15万円に

 

この「自動で積み立てられていく」ことがめちゃくちゃデカイ。

人には、お金や時間があればあるほど使ってしまう『パーキンソンの法則』というものがあるからです。

 

ツボツボ(仮)
口座に20万円あるのと、15万円あるのでは気持ちが違いますよね?

 

20万円なら「給料が振り込まれたし、欲しかったあれ買おうかな」のように考えるかもしれませんが、

15万円なら「今月は節約しなきゃ」のように気持ちが変わるはずです。

 

つまり、積立定期預金はムダにお金を使わないで済むんです。

 

一度仕組み化しまえば、それ以降は何の手間もかからないので、サクッとやっておきましょう。

 

57.積立投資

積立定期預金と同時に行いたいのが、積立投資です。

積立投資とは、毎月コツコツと積み立てていく投資のことです。

 

特におすすめなのが、つみたてNISAのように税金が免除される国の投資制度です。

 

「つみたてNISAって何?」って人は、こちらもバンクアカデミーさんの動画を見てみてください。

参考:【超初心者向け】つみたてNISAとは?基礎知識やメリットを丁寧に解説!

 

預金だけでは、将来はつくれません。

 

毎月1,000円でもコツコツ積み立てる習慣で、自分の手で将来をつくっていきましょう。

 

たとえば毎月1,000円を20年積み立てるだけでも、将来的には17万円も増える可能性があります。

 

毎月1,000円 20年

出典:楽天証券

 

58.短期投資をやらない

投資が初めての初心者でも、コツコツ長く続ける積立投資であれば増やせる可能性は十分にあります。

 

しかし、FX仮想通貨などの短期的な投資には、絶対に手を出してはいけません。

 

パソコンの画面と1日中にらめっこするような短期投資は、素人がやって勝てるものではないからです。

 

むしろ、玄人でも普通に負けることがあるほど、短期投資はギャンブルです。

 

勝ったとしても負けたとしても、の要素が大きすぎます。

 

ツボツボ(仮)
世の中は短期投資で成功した人の話であふれていますが、絶対に信じてはいけませんよ。

 

本当の話だとしても偶然です。

 

自分の知らないものには手を出さない。

 

これが投資の鉄則です。

 

ギャンブルもそうですが、基本的に負けることがわかっている習慣は、絶対に手を出さないようにしましょう。

 

59.自己投資

最強の投資を紹介します。

自己投資です。

 

  • 読書
  • スキルを身につける
  • 資格をとる

 

たった数千円〜数万円の投資が、自己投資なら将来的に何百万円・何千万円のお金へと化ける可能性を秘めています。

 

特に若いうちは、自己投資の費用対効果は絶大です。

 

例えば、20歳で毎月1万円稼げるスキルを身につけたら、60歳までで480万円稼げます。

ただ、それが50歳からだと稼げるのは120万円です。

 

積立投資もおすすめですが、若いうちは特に自己投資にお金を使いましょう。

 

ツボツボ(仮)
ただ、「闇雲にとりあえずお金を使え」という訳ではありません。

 

自分の価値観にあった投資をする必要があります。

 

これは長期投資にも言えることですが、目的のない投資ほど意味のないものはありません。

それは単なる浪費です。

 

ツボツボ(仮)
必ず自分の価値観、目的に合った自己投資を習慣化するようにしましょう。

 

 

価値観や目的がまだ見つかってない人は、『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』という本がおすすめです。

 

自分の人生の目的や価値観が5秒以内に即答できない人は、読んでみると良いかもしれません。

 

目的を持った自己投資の習慣で未来は大きく変わります。

 

60.人的資本を大切にする

人的資本とは、あなた自身が持っている稼ぐ力のことです。

 

つまり、人的資本を大切にするということは、健康を大切にしようということです。

 

 

「健康を大切にすることがお金となんか関係あるの?」と思った人は、ヤバいです。

 

「健康だったら医療費とかかからないからでしょ?」と思った人もまだまだです。

 

たとえば、今30歳で健康なAさんがいたとします。

実はAさんは、健康なだけで今1.5億円の価値を持っているんです。

なぜなら、平均年収を500万円とすると、60歳まで30年働けば1.5億円稼げるからです。

 

では同じ30歳の人でも、不健康で10年しか働けないBさんはどうでしょう?

年収が1,000万円だとしても、40歳まででは1.2億円しか稼げません。

 

いくら自己投資で今稼げるようになっても、10年後・20年後に稼げなくなってしまっては意味がありません。

睡眠をおろそかにするなんて論外です。

 

健康を大切にすることは、結果的に人的資本を守ることにつながるということを、必ず頭に入れておきましょう。

 

【まとめ】お金の習慣

 

  • ふるさと納税
  • キャッシュレス決済
  • リボ払いを使わない
  • 家計簿
  • サブスクの管理
  • 定期積立預金
  • 積立投資
  • 短期投資をやらない
  • 自己投資
  • 人的資本を大切にする

 

目次に戻りたい人はこちら

 

やめてよかった買い物の習慣

次に、お金の習慣に関連して、やめたい買い物習慣を紹介していきます。

 

  • ポイントが付くから買う
  • 安いから買う
  • 無料だからもらう
  • 人の目が気になるから買う
  • なんとなく買い物に行く

 

買い物の習慣に関しては、基本原則があります。

 

欲しい理由がポイントや値段なら買わないということです。

本来は必要ない物の可能性が高いからです。

 

物を買う時は、買う理由がポイントや値段ではないか、もう一度自分に問いかけてみましょう。

 

61.ポイントが付くから買う

やめたい買い物の習慣1つ目は、ポイントが付くから買う習慣です。

 

ポイントは本当によくできた仕組みです。

発明した人は天才。

 

なぜなら、人間には「オペラント条件付け」という性質が備わっているからです。

「オペラント条件付け」とは、何度もポイントを受け取ると、自発的にその行動をしたくなる性質です。

 

つまりポイントには、ギャンブルなどと同じく中毒性があるということ。

 

現金値引きよりもポイント還元があふれているのは、この「オペラント条件付け」が原因です。

 

ポイントカードは持たない選択を。

 

ポイントは、ついたらラッキーぐらいの気持ちを習慣にしましょう。

 

少しぐらいポイントで損しても気にしてはいけません。

 

62.安いから買う

ここで突然ですが質問です。

 

「あなたが最近買ったモノは何ですか?」

「それを買った理由を教えて下さい」

 

この質問の答えが「安くかったから」という理由の人は危険です。

安いから買うことが習慣化している可能性があるからです。

 

  • 2つ買うと1つ無料
  • 期間限定で20%オフ
  • 1ヶ月無料

 

こんな罠にハマってはいけません。

 

ムダなお金を失うことはもちろん、時間・場所を失うことにつながります。

 

買う理由が値段なら、買う必要はありません。

 

63.無料だからもらう

無料でも必要ないモノは受け取っていけません。

 

「無料なら損しないから良いんじゃない?」と、思うかもしれませんが、それ違います。

なぜなら、無料のモノでもお金・時間・場所がかかるからです。

 

  • 置いておく場所代
  • 物理的なスペース
  • 捨てる時間

 

気づいていない人は多いですが、無料のモノでも見えないお金・時間・場所がかかっています。

 

友達・家族・近所の人、どんな人からもらうモノでも例外はありません。

 

必要ないものは「いりません」と言う習慣をつけましょう。

 

64.人の目が気になるから買う

物は、他人の目を気にして買う物ではありません。

 

「そんなの当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、以下のような性格の人は注意が必要です。

 

  • プライドが高い
  • 負けず嫌い
  • 見栄っ張り

 

他人の目を気にしてお金を使うということは、他人のために働いている・他人のために生きていることと同じです。

 

「あれを買わなきゃ、あれも食べなきゃ、もっと稼がなきゃ……」それらの望みは、本当に実現したいものだろうか?

 

「人からよく思われたい」「恥ずかしい思いをしたくない」そんな「見栄」によるものではないだろうか?

出典:手ぶらで生きる 

 

「人の目なんか気にしてないよ」という人も、もう一度自分の本心に聞いてみましょう。

 

優先すべきは、他人ではなく自分の気持ちです。

 

65.なんとなく買い物に行く

極論、買い物に行かなければ、ムダな買い物は起こりません。

なので、「買い物に行く」という行為自体をなるべく減らすのが、最強の買い物習慣になります。

 

「最近はネットで全部買っちゃうからなあ」という人も同じです。

ネットショッピングを使う習慣そのものを減らせばいいんです。

 

  • アプリの通知設定を切る
  • アプリ自体を消す
  • メールの受信設定をやめる

 

ネットショッピングの厄介なところは、色々な方法で僕たちの生活に入り込んでくることです。

 

自分から、情報を受動的に受け取る習慣を絶つようにしましょう。

 

買い物(ネットショッピング)は、自分から能動的に行うものだけにすれば解決です。

 

【まとめ】やめてよかった買い物の習慣

 

  • ポイントが付くから買う
  • 安いから買う
  • 無料だからもらう
  • 人の目が気になるから買う
  • なんとなく買い物に行く

 

目次に戻りたい人はこちら

 

やってよかった家事の習慣

次に買い物に関連して、習慣化したい家事を紹介します。

 

家事の習慣は、女性だけでなく男性にも取り入れてほしいモノばかりです。

  • 自炊へのこだわりを捨てる
  • 洗濯乾燥機
  • 食洗機
  • お掃除ロボくん

 

ムダな家事の時間を極限まで減らして、自分の大切なモノに時間を使えるようにしましょう。

 

66.自炊へのこだわりを捨てる

毎日料理をしている人に伝えたいことがあります。

それは、無理に自炊にこだわらなくてもいいということです。

 

「自炊の方が安いからいいじゃん」と思うかもしれません。

確かにそれは間違っていません。

 

ツボツボ(仮)
でも、自炊に必要なモノをすべて含めると、実は高くついている可能性もあるんです。

 

福神漬け・紅しょうが・もみじおろし、1回使ったら次使うのはいつですか?

 

結局使いきれずに捨ててしまった経験が誰にでもあるはずです。

 

 

そして、もっと意識してほしいのが時間単価

 

食材を買いに行って、料理を作って、洗い物をして…

合計でどのくらいの時間がかかっていますか?

その時間があればどんなことができますか?

 

1回冷静になって、その時間で何ができるか考えてみてください。

 

自炊にこだわりすぎるのは、コスパが悪すぎます

 

ほぼ毎日自炊している人は、「料理しないといけない」という固定概念をまず捨てましょう。

 

67.洗濯乾燥機

洗濯乾燥は、使ってほしいランキング断トツ1位の家事の習慣です。

 

だって、洗濯機につっこんでボタンを押すだけで、次の日には着れるんですから。

 

洗濯して、干して、天気を気にして、取り込んで…

この作業にどれだけの時間がかかることか。

 

とりあえず、まだドラム式洗濯機を持っていない人はソッコーで買いましょう。

 

だいたい15万円ぐらいしますが、毎日の30分を時短できるなら安い買い物です。

 

時間単価が1,000円の人なら、10ヶ月使えば元がとれます。

時間単価が2,000円の人なら、5ヶ月です。

 

時間をお金で買いましょう。

 

68.食洗機

食洗機を使っていますか?

 

ある人は、すでに使っていると思うので、ここは読み飛ばしてもらって大丈夫です。

 

問題があるのは、食洗機を使ったことがない人。

 

ツボツボ(仮)
「もともと備え付けられてないから仕方ないじゃん」と言い訳をせずに、今すぐ食洗機を買いましょう。

 

工事不要の置くタイプの食洗機であれば、2,3万円ぐらいで買えます。

 

「高っ」と思った人のために、こちらも時間単価を計算してみましょう。

 

食洗機を3万円、毎日の皿洗いにかかる時間を10分とします。

時間単価が1,000円の人なら6ヶ月、時間単価が2,000円の人なら3ヶ月で元がとれます。

 

先ほどの洗濯乾燥機よりコスパが良いかもしれませんね。

 

食洗機の良いところは、買うだけで習慣化しやすいところです。

参考:Amazonで人気の食洗機

 

69.お掃除ロボくん

ルンバじゃなくても大丈夫です。

何でもいいので、お掃除ロボットを持っていない人は今すぐ買いましょう。

 

時短になるのはもちろんですが、実はメリットがもう1つあります。

 

片付けが習慣になることです。

 

お掃除ロボくんは、部屋が整理されていないと、どっかに引っかかって死んでしまいます。

 

これは、もちろんデメリットでもありますが、個人的にはメリットだと感じています。

 

日頃の片付けが習慣になるからです。

 

ツボツボ(仮)
実際に僕の家でも、寝る前の片付けが習慣になりましたからね。

 

お掃除ロボくんを買う→片付けが習慣になる→キレイになる→もっとキレイにしたくなる→掃除する

 

このようにポジティブループに入っていくのが、お掃除ロボくんの魅力です。

 

参考までに、僕が実際に使っているお掃除ロボくんのリンクを貼っておきます。

参考:Anker Eufy RoboVac 11S

 

【まとめ】家事の習慣

 

  • 自炊へのこだわりを捨てる
  • 洗濯乾燥機
  • 食洗機
  • お掃除ロボくん

 

目次に戻りたい人はこちら

 

ツールを使う習慣

次に、習慣にして良かったツールを紹介します。

 

ツールを使うと、時短になる・アイディアが出てくるなどの良さがあります。

取り入れてないモノがあったらぜひ取り入れてみてください。

 

  • メモ
  • マインドマップ
  • 辞書登録
  • Kindle Paperwhite
  • パソコン

 

70.メモ

メモは最強のツールです。

無限の可能性を秘めているからです。

 

特にスゴイのが、「事実→抽象化→転用」という流れ。

 

これは『メモの魔力』で紹介されていたメモの使い方です。

 

簡単に言うと、メモした内容を他の事柄に活かせるように一般化してから、行動に落とし込むということです。

 

 

例えば、整形外科が混んでいることに気づいたとします。(今日の僕のメモの一部です。)

 

事実▼

「整形外科は全体的に混んでいる病院が多い」

→「患者さんの滞在時間が長いからではないか?」

→「車がたくさん止まっている=人気という流れができているのではないか?」

 

抽象化▼

「一人あたりの滞在時間が長いと流行っているように見えるので、さらに人が集まる」

 

転用▼

「インスタの投稿の滞在時間を長くする工夫(滞在時間が長いとAIが人気のある投稿だと判断するため)」

→「インフルエンサー10人の投稿を解析して、滞在時間を長くする工夫を20個見つける」

 

少し長くなりましたが、これがメモの無限の可能性です。

 

ツボツボ(仮)
メモの魔力』の前田さんも言ってましたが、メモの習慣は人生を変えるレベルです。

 

まずは、気づいた時にすぐメモできるようにする環境を整えることから始めましょう。

紙・スマホ、何でもOKです。

 

71.マインドマップ

メモと同じぐらいのレベルでおすすめの習慣がマインドマップ。

 

マインドマップとは、以下のようなもののことです。

マインドマップ

 

3万字超えの大ボリュームのこの記事も、マインドマップで構成を練ってから作っています。

 

そのぐらいマインドマップは、文章やモノの構成を考えるのに優れています。

 

  • プレゼン
  • 資料作成
  • ブログの記事構成

 

バカでかいモノを制作する時は、マインドマップを使うことを習慣にしてみましょう。

 

慣れるまでマインドマップを作るのに時間はかかりますが、結果的にかかる時間は短くなります。

 

使ったことがない人は、まずは一度使ってみてください。

おすすめは、『XMind』というアプリです。

XMind マインドマップ

XMind マインドマップ

無料posted withアプリーチ

 

もちろん無料で使えます。

 

72.辞書登録

スマホやパソコンを使う全人類におすすめしたい習慣が、辞書登録です。

 

ツボツボ(仮)
辞書登録はツールというより機能ですが、意外と使っていない人が多いので紹介しておきます。

 

以下の画像のように、よく使う言葉を一瞬で登場させられるのが、辞書登録の強みです。

 

辞書登録

 

とりあえず、名前・住所・メールアドレスなどは登録必須です。

 

ツボツボ(仮)
それ以外に僕は、ブログでよく使うようなコードなどを「これ何回も使うな」と思った瞬間に登録しています。

 

コツコツとした小さな習慣の積み重ねが、大きな時間を生みます。

 

73.Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhiteは、Amazonが販売している電子書籍専用のタブレットです。

 

Kindle Paperwhite

出典:Amazon

 

「わざわざ読書専用のものを、1万円以上かけて買う必要ある?」

と思うかもしれませんが、これは1万円以上をかける価値がホントにあります。

 

  • 読書しかできないので読書に集中できる
  • ブルーライトを発していないので寝る前に読める
  • 防水なのでお風呂で読める

 

Kindle Paperwhiteは、読書を習慣化するには、これ以上ないくらいの逸品です。

 

読書を習慣化したい人は、思い切って買っちゃうのもありかもしれません。

 

人には、「お金をかけたら後悔しないように使い切りたい」という『サンクコスト効果』というものがあるからです。

 

74.パソコン

スマホも小さくて便利ですが、パソコンは単純にデカイというメリットがあります。

 

「なんだよ。デカイだけかよ」と思った人もいるかもしれませんが、それが大事なんです。

 

以下の画像を見てください。

▼PC▼

スクショ PC

▼スマホ▼

スクショ スマホ

 

スマホとパソコンでは、一度に表示できる情報量が全然違うのがわかります。

 

スマホだと何回もスクロールしないとたどり着けない情報に、パソコンなら一瞬でたどり着けます。

 

この差を1回あたり5秒としたら、1日に5回検索するだけで25秒・1ヶ月なら12分・1年なら2時間半です。

 

この2時間半で何ができるか、一度考えてみてください。

 

この記事をここまで読んでくれる勉強熱心なあなたなら、きっと有意義な使い方ができると思います。

 

【まとめ】ツールを使う習慣

 

  • メモ
  • マインドマップ
  • 辞書登録
  • Kindle Paperwhite
  • パソコン

 

目次に戻りたい人はこちら

 

仕事の習慣

ここまでは、私生活や仕事で使えるツールを紹介してきました。

次にここからは、仕事をする上で習慣にしたい行動・意識の習慣を紹介します。

 

  • 結論ファースト
  • 理由セカンド
  • 具体例サード
  • ググる
  • 質問する
  • 50点で提出する
  • シングルタスク
  • 昼ごはんを腹5分にする
  • パワーナップ
  • 転職活動
  • 副業

 

LIFE SHIFT』という本で紹介されていた人生100年時代の到来により、僕たちは70歳ぐらいまで働くことになると言われています。

 

つまり、FIRE(早期リタイア)でもしない限り、仕事とは40年・50年と付き合っていかなければならないということです。

 

人生の約半分を占める仕事。

 

仕事の良習慣を身につけることは、人生を攻略する上で超重要です。

 

75.結論ファースト

結論から話すことは、全ビジネスパーソン必須の能力。

 

言うまでもありませんが、メリットは時短になることです。

結論から話さないと、聞く側も話す側も時間がかかってしまいます。

 

「結論から話すのなんて当たり前じゃん」と思っている人も、自分の話や書いた文章を一度見直してみてください。

 

「会議の資料は完成してる?」という質問に対して、

「準備に時間がかかってまして…」みたいな答え方をしている人は要注意です。

完成していないなら、まずは「申し訳ありませんが、完成していません」と一言で答えましょう。

 

この例のように、正直に言いにくいことは、結論をごまかしがちです。

 

結論ファーストは、仕事でもプライベートでも時間を有効に使うために、確実に習慣にしておきましょう。

 

76.理由セカンド

結論のあとに付け加えるのが理由です。

 

理由を付け加えることで、結論の理解度が高まるからです。

理由が無いと、誰でも「なんで?」ってなってしまいますからね。

 

ツボツボ(仮)
特に、ビジネスでよく使うような主張型の文章・会話には、結論の次に理由を付け加えましょう。

 

実際にこの記事の文章も、ほとんどが結論→理由という流れになっています。

 

気づなかった人は、もう一度読み返してみてください。

 

77.具体例サード

結論→理由ときたら、次は具体例です。

具体例を話すことで、聞く人の頭の中でイメージをしてもらえるからです。

 

例えば、以下の2つの文章を比べてみてください。

 

①私はNBAが好きです。

なぜなら迫力がスゴイからです。

 

②私はNBAが好きです。

なぜなら迫力がスゴイからです。

文章で説明するより、実物を見てもらった方が早いと思うので以下の動画を見てください。

参考:YouTube

NBAは、この人間離れした超人たちの祭典です。

 

どうですか?

1と2では、感じ方が全然違うと思います。

 

具体例は、会話・文章・画像・動画、何でもOKです。

 

ただし、具体例は少し練習が必要なので、日頃から意識して習慣化するようにしておきましょう。

 

ここまでのまとめ▼

結論→理由→具体例→結論

いわゆるPREP法というやつですね。

極めたい人は、『1分で話せ』を読めば解決します。

 

78.ググる

とりあえずググることは、時短につながります。

ググってもわかるようなことを、いちいち質問していては時間のムダだからです。

 

上司などに聞く前に、まずは自分でググる習慣を身につけましょう。

 

ツボツボ(仮)
とりあえずググる習慣はプライベートでも有効です。

 

どんなに小さなことでも、無意味なことはありません。

「なんで〇〇なのかな?」「〇〇って何?」と思った瞬間にググりましょう。

 

ちなみに僕が今日ググったことは「なぜ業務用の氷は溶けにくいのか?」です。

理由が気になる人はググってください。

 

79.質問する

でも実際のところ、仕事ではググってもわからないことが多くあります。

そんな時は、正直に質問することを習慣にしましょう。

 

わからないまま放置しても、良い仕事はできないからです。

 

「質問することなんか当たり前でしょ」って思う人もいるかもしれません。

しかし現状は、何となく仕事を進めてしまう人が多いんです。

 

あなたの周りにもいませんか?

目的もよくわからず、ただ仕事をしている人が。

 

ツボツボ(仮)
完全に昔の僕がそうでした。

 

何となく仕事を進めても、中途半端なモノしかできません。

 

わからないことがあったら、恥ずかしがらずソッコーで質問するようにしましょう。

 

特に仕事を頼まれた場合は、その仕事の目的・意図を尋ねることが重要です。

 

80.50点で提出する

仕事を頼まれた場合は、とりあえず早めに提出しましょう。

早めに提出することで、いち早く軌道修正できるからです。

 

入社1年目の教科書』では、「50点で構わないから早く出せ」という言葉で紹介されています。

 

いち早く50点の仕事に赤ペンを入れてもらい、アップグレードをしていく。

上司や先輩の力をうまく使い、総力戦で仕事を進めよう。

出典:入社1年目の教科書

 

仕事を依頼した人も、最初から完ぺきなモノを求めていません。

まずは早めに提出することで、方向性が間違っていないか確認する習慣をつけておきましょう。

 

時間をかけて自分で100点だと思うものを作っても、方向性が違っていたら水の泡です。

 

81.シングルタスク

シングルタスクとは、色々なことに手を出さないで1つの仕事に集中することを指します。

 

シングルタスクの習慣は、ミスを防ぎ効率よく仕事を行うのに有効です。

 

色々なことを同時にやるマルチタスクの方が効率が良いんじゃないの?

 

いいえ、違います。

マルチタスクでは、必ずミスが起こるからです。

ツボツボ(仮)

 

またマルチタスクは、効率が良いように見えて、意外に時間がかかっていることが多くあります。

 

仕事をする時は、1つの仕事に集中する習慣をつけましょう。

 

一度に同時のことをやってはいけません。

 

82.昼ごはんを腹5分にする

昼ごはんを食べすぎると100%眠くなります。

これは人間の本能なので避けられません。

 

ツボツボ(仮)
なので昼ごはんは、軽めにしておきましょう。

 

イメージとしては、腹5分目ぐらいでOKです。

 

あとは、炭水化物をとらない方が眠くなりにくいので、おすすめです。

炭水化物をとらないと、血糖値が急激に上がらないので眠くなりません。

 

プロのビジネスマンは、アスリートと同じで、昼食にも気を使うのが当たり前です。

 

83.パワーナップ

昼食を軽めにしても、どうしても眠くなってしまう可能性が誰にでもあります。

そんな時は、30分の仮眠をとりましょう。

 

昼寝って逆に眠くなるから、あんまり良くないんじゃない?

 

それは大きな間違いです。

30分ほどの昼寝は、GoogleNASAでも取り入れられているほど、メリットがあるんです。

ツボツボ(仮)

 

この30分ほどの仮眠は、『パワーナップ』と呼ばれ、疲れがとれるなど様々な効果があることがわかっています。

 

おすすめの『パワーナップ』のやり方やコツは、以下の通りです。

 

  • 目覚めを良くするために、仮眠の前にカフェインをとる
  • イスに腰掛けて、もたれかかったまま寝る
  • もしくは、イスに座ったまま伏せて寝る
  • アラームをかけて20分〜30分後に起きる

 

「昼ごはんの後は、いつも眠くなっちゃう」という人は1度やってみてください。

仮眠後は、集中力が午前中のように高まっているはずです。

 

ただ、30分以上寝てはいけません。

もっと眠くなるだけだからです。

 

84.転職活動

「転職なんかするつもりないんだけど」と思った人。

転職活動は、転職するつもりの人だけがするものではありません。

 

働いている人なら誰しもが、自分の市場価値を知るために行うべきものです。

 

市場価値とは、会社の名前に依存しない、あなたそのものの価値のことです。

 

僕も転職活動を始めてから知りましたが、自分に市場価値があるかどうかは、転職活動をしてみないとわかりません。

 

また、世の中で必要とされているスキルは、時代の流れで大きく変わっていきます。

 

つまり、今は市場価値があるように見える人でも、実は市場価値がなかったり、今後なくなっていったりすることがあるということです。

 

会社がなくなっても食べていけるように、常に自分の市場価値を意識した行動ができるようにしましょう。

 

転職活動の習慣は、そのための第一歩です。

 

誰でも無料で始められます。

参考:リクルートエージェントリクナビNEXT

 

85.副業

自分の市場価値を高めるのにおすすめなのが、自分の力でお金を稼ぐ副業です。

 

いきなり副業と言ってもハードルが高いと思うので、まずは簡単なことから始めてみれば十分です。

 

  • ポイントサイトでポイントを貯めまくる
  • メルカリで家にある不要なものを売ってみる
  • クラウドワークスで500円の仕事をうけてみる

 

どんなことでもいいので、自分でお金を稼ぐという経験そのものが大切です。

 

いざとなったら、その経験を糧に作業量を増やせば1万円や2万円なら誰でも稼げます。

 

会社に依存しないためにも、日頃から自分でお金を稼げるスキルを身につけておきましょう。

 

【まとめ】仕事の習慣

 

  • 結論ファースト
  • 理由セカンド
  • 具体例サード
  • ググる
  • 質問する
  • 50点で提出する
  • シングルタスク
  • 昼ごはんを腹5分にする
  • パワーナップ
  • 転職活動
  • 副業

 

目次に戻りたい人はこちら

 

外見を整える習慣

どれだけ仕事ができる人でも、外見が整っていないと相手に与える印象は悪くなります。

 

「外見で中身を判断するのは良くない」と思いながらも、誰でも外見で判断しがちだからです。

 

これに関して、『メラビアンの法則』という有名な法則があります。

 

『メラビアンの法則』によると、話をする時に相手に伝わる情報の割合は以下のとおりです。

  • 話の内容…5%
  • 声の大きさやトーン…38%
  • 見た目…55%

 

つまり、どれだけ話の内容が秀逸でも、見た目が整っていないと情報が伝わりにくいということ。

 

これだけ人が相手に与える外見の印象はデカイんです。

 

そこでこの章では、仕事やプライベートで意識したい外見を整える習慣を紹介します。

 

  • 靴をキレイに保つ
  • 週1で爪を切る
  • 週1で鼻毛を整える
  • 月1で髪を切る
  • 体型を整える

 

86.靴をキレイに保つ

靴をキレイに保つ習慣は、男性でも女性でも日頃から意識したい習慣です。

 

靴が相手に与える印象は意外と大きいからです。

 

想像してみてください。

 

めちゃくちゃイケメンの男の人がいたとします。

顔は仮面ライダーの俳優顔、目もくっきり、スタイル抜群です。

でも足元を見ると、ヨレヨレの汚い靴を履いていました。

 

あなたはどう感じますか?

 

「この人、顔はいいけど実はだらしない人なんじゃない?」

 

このように感じる人が多いのではないでしょうか?

 

それだけ靴が人に与える印象は大きいんです。

 

履いている靴は、その人の人格そのものを表すものである

 

この格言にあるように、靴をキレイに保つ習慣から人格をつくっていきましょう。

 

87.週1で爪を切る

あなたの爪は伸びていませんか?

 

爪が伸びていると、タイピングが遅くなったり、だらしない人だと思われたり、あまり良いことがありません。

 

そのため、定期的に爪を切る習慣をつけておきましょう。

 

ツボツボ(仮)
「そんなの当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、これが意外に大切なんです。

気づかないうちに意外と爪は伸びているからです。

 

気づかないうちに爪が伸びているということは、知らないうちに生産性や人からの印象を悪くしているということです。

 

 

そこでおすすめしたいのが、何曜日のいつに爪を切るのかを決めて習慣化することです。

 

ツボツボ(仮)
例えば僕の場合は、「毎週日曜日の風呂上がりに切る」という習慣にしてしまっています。

伸びている伸びていないに関わらず。

 

こうすれば、切り忘れることも、知らずに伸びてしまっていることもありません。

 

あたなも気づいたら爪を切るという習慣から、何曜日のいつに切るかまで決めて、無意識レベルでできる習慣にしておきましょう。

 

これは爪を切る以外にも、もちろん応用できます。

 

88.週1で鼻毛を整える

特に男性は鼻毛に要注意です。

 

コロナ以降はマスクをしていることが多くなったため、危険度が下がりつつありますが油断してはいけません。

 

鼻毛が出ていると鼻毛にしか目がいかなくなってしまうからです。

 

あなたにもこんな経験ありませんか?

 

「この人めちゃくちゃ一生懸命しゃっべてるんだけど、鼻毛が…」ってなって、話に全く集中できなかった経験が。

 

それだけ鼻毛のマイナスパワーは、ハンパないんです。

 

鼻毛=危険生物

 

絶対に野放しにしてはダメです。

 

鼻毛も爪と一緒で、何曜日のいつ整えるか習慣化してしまいましょう。

 

鼻毛は必要ないという人は『GOSSO』などを使って、全部抜いてしまっても良いかもしれません。

 

89.月1で髪を切る

あなたは何ヶ月に1回髪を切りますか?

 

2,3ヶ月に1回ぐらいという人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、髪は1ヶ月に1回切るべきです。

なぜなら外見への投資をケチるべきではないからです。

 

髪を切るのには、だいたい1回4,000円ほどかかります。

 

「髪を切るのってけっこう高いんだよな」と思っているかもしれませんが、1度考えてみてください。

 

1回4,000円で外見の印象がガラリと変わるのであれば、4,000円の価値はあるのではないでしょうか?

 

髪型は、人の第一印象にかかわる最も大事な部分と言っても過言ではありません。

 

 

しかも最近は、1,000円でカットできる場所や、無料でカットモデルになれるアプリも存在します。

minimo(ミニモ)24時間予約可!美容サロン予約アプリ

minimo(ミニモ)24時間予約可!美容サロン予約アプリ

mixi, Inc無料posted withアプリーチ

 

「髪を切るお金がない」は、もはや言い訳です。

 

月1で髪を切るのを習慣にして、惜しまず外見へ投資していきましょう。

 

90.体型を整える

体型を整えるとは、「痩せすぎでも太りすぎでもない普通の体型を保ちましょう」ということです。

 

特に太りすぎの人は要注意です。

太りすぎは、相手に与える印象があまり良くないからです。

太っていると、「自己管理ができない人なのかなあ」などという印象を持たれがちです。

 

日頃から食事・睡眠・運動に気を使って、体型を整える努力を習慣化しておきましょう。

 

ツボツボ(仮)
食事・睡眠・運動の習慣については、この記事でもいくつか紹介しています。

 

「体型を変えたい」という人は、ブックマークをして読み返してみてください。

 

【まとめ】外見を整える習慣

 

  • 靴をキレイに保つ
  • 週1で爪を切る
  • 週1で鼻毛を整える
  • 月1で髪を切る
  • 体型を整える

 

目次に戻りたい人はこちら

 

発言の習慣

先ほどは、外見の習慣を紹介してきました。

しかし、外見だけですべてが決まるわけではありません。

 

発言の内容・中身でも、周りからの印象や自分の気持ちが大きく変わってきます。

 

  • 「今やろう」
  • 「ツイてる」
  • 「これからどうする」
  • 「ありがとう」

 

発言の習慣は、僕が尊敬するマコなり社長のYouTubeに影響を受けて始めたものがほとんどです。

 

ガチで人生を変えるほどの影響力があるチャンネルなので、詳細が気になる方は以下のリンクからどうぞ。

関連:マコなり社長

 

ツボツボ(仮)
僕の人生もマコなり社長の動画で変わりました。

この場をかりて感謝します。

 

「ありがとうございました」

 

91.「今やろう」

明日やろうは、バカやろう

 

この言葉は、誰もが一度は聞いたことがある言葉でしょう。

そうです。「明日やろう」なんて言っている時点で、結局やらないんです。

 

「明日やろう」ではなく、「今やろう」を口癖にするんです。

 

「今やろう」と口にすれば、やる気がなくても体が勝手に動き出します。

「今やろう」と周りに宣言すれば、やるしかない状況になります。

 

ツボツボ(仮)
まずは発言から自分の中身を変えていきましょう。

 

「明日やろう」「いつかやろう」では、いつまでたってもやりません。

 

今この瞬間から自分の手で未来を変えていくんです。

 

92.「ツイてる」

衝撃的な話をします。

 

運が良い人と悪い人の差なんかありません。

解釈の違いだけなんです。

 

つまり、起きた事実は関係ないんです。

 

例えば、ジュースをカーペットにこぼしたとします。

「なんて今日はついていないんだ」と思う人もいれば、

「カーペットを洗うキッカケができて良かった」と思う人もいるでしょう。

 

結局のところ何が起こっても、解釈1つで運が良いか悪いかなんて変えられるんです。

 

事実は直接人には影響を与えません。

事実はその人の解釈を通じて、その人に影響を与えます。

加藤諦三

 

ツイてるな」と口にする習慣だけで、あなたも今日から運の良い人になれます。

 

どんなことが起こっても関係ありません。

 

93.「これからどうする?」

「あいつが自己中でめっちゃムカつくんだよね」

「あり得なくない?」

「もっとこっちのことも考えてほしいよね」

 

どこかのカフェで聞こえてきそうなこの会話。

 

ハッキリ言って何の意味もありません。

 

グチを言っても問題は何も解決しないからです。

 

あなたが今できることは、「これからどうするか?」という未来を考えることだけです。

 

グチを言って過去に固執している場合ではありません。

終わったことを悔やんでも仕方ありません。

 

「失敗したな」と思うなら、その過去から学んで未来を見ましょう。

 

何が起こっても、「これからどうする?」の一言で、未来は変わります。

 

94.「ありがとう」

当たり前の毎日に感謝を忘れていませんか?

 

  • ご飯を作ってくれる家族
  • 今日も元気でいてくれている友達
  • 食べ物が食べられる環境

 

極論、当たり前というものは存在しません。

「ありがとう」が言い過ぎだなんてこともありません。

 

当たり前にあるものにも、必ず感謝しましょう。

「ありがとう」に理由なんかいらないんです。

 

自戒を込めて。

 

【まとめ】発言の習慣

 

  • 「今やろう」
  • 「ツイてる」
  • 「これからどうする」
  • 「ありがとう」

 

目次に戻りたい人はこちら

 

思考の習慣

最後に、思考の習慣を紹介します。

 

思考を変えるには最低でも6ヶ月かかると言われています。

 

目に見えない潜在的な部分だからです。

 

習慣化大全

出典:習慣化大全

 

しかし逆に言えば、思考の習慣を変えればすべての習慣が変わります。

 

ここまで紹介してきた様々な習慣を定着させ、自信がついてきたら思考を習慣化していてください。

 

  • 失敗はネタになる
  • やりたいことをやる
  • 課題の分離
  • 人の目を気にしない
  • ミニマリズム
  • 人生の軸を持つ

 

95.失敗はネタになる

失敗することを恐れてはいけません。

 

「そんなの100回ぐらい聞いたことあるよ」と思うかもしれません。

 

でもやっぱり、失敗を恐れないことは成功をするのに必要不可欠です。

 

ツボツボ(仮)
そこで、失敗を恐れずガンガン挑戦できる思考の習慣を教えます。

 

失敗はネタになるという思考です。

 

ここまで読んでくれたあなたなら、SNSやブログで自分について発信をしているはずです。

だったら、失敗してもネタにして発信してしまえばいいんです。

 

「お金を稼ごうと思ってブログを始めたけど1年たっても全然でした」

「お金をテーマに扱ったブログだったからです」

「競合が強すぎるYMYLのジャンルでブログを始めるのは、おすすめしません」

 

あなたにとっては失敗談でも、情報をうけとる側にとっては有益な情報です。

 

みんな同じ失敗を繰り返したくないからです。

 

  • なぜ始めたのか?
  • なんで失敗したのか?
  • どうすれば同じ失敗を避けられるのか?

 

こんな情報を発信すれば、失敗が一瞬で有益なネタに変わります。

 

「失敗しても話のネタになるからいいか」

 

この思考習慣で失敗を恐れない最強のチャレンジャーになれるはずです。

 

96.やりたいことをやる

 

「掃除しなきゃ」

「会議の資料をつくらないと」

「今日中に仕事を終わらせなきゃ」

 

こんな風に毎日やるべきことに追われていませんか?

 

やるべきことに追われていても、満足感は得られません。

イヤイヤ仕事をするのと同じです。

 

「すべきこと」でなく、「やりたいこと」を考えてみてください。

 

「サウナに行きたい」

「家族と旅行に行きたい」

「FIREして世界中を旅したい」

 

やりたいことを優先するだけで、きっと毎日が充実するはずです。

 

「やりたいことばっかりできないよ」と思うかもしれません。

しかし、大切なのは「自分はやりたいことをやっている」という思考の習慣なんです。

 

この思考が身につけば、「もっと長くやりたいことをやるためには、どうすればいいかな?」という未来への思考・行動習慣につながってきます。

 

「すべきこと」ではなく、「やりたいこと」を優先する

 

この思考習慣で、未来に向かって行動できる人になりましょう。

 

97.課題の分離

課題の分離という考え方を知っていますか?

 

課題の分離とは、自分と他者の課題を分けて考えるという『嫌われる勇気』で紹介されている考え方です。

 

この課題の分離という考え方では、他者の課題には一切介入しないことを推奨しています。

 

少しわかりづらいと思うので、本の内容から引用して具体例で説明します。

 

たとえば、なかなか勉強しない子どもがいる。

授業は聞かず、宿題もやらず、教科書すらも学校に置いてくる。

さて、もしもあなたが親だったら、どうされますか?

 

〜中略〜

 

子どもが勉強するのかしないのか。

あるいは、友達と遊びに行くのか行かないのか。

本来これは「子どもの課題」であって、親の課題ではありません。

 

〜中略〜

 

そこに対して親が「勉強しなさい」と命じるのは、他者の課題に対して、いわば土足で踏み込むような行為です。

 

これでは衝突を避けることはできないでしょう。

 

われわれは「これは誰の課題なのか?」という視点から、自分の課題と他者の課題とを分離していく必要があるのです。

出典:嫌われる勇気

 

つまり、子どもがいくら勉強をしなくても、強制するようなことは、していけないということです。

 

家族であっても他人は他人です。

他人の課題に踏み込んではいけません。

 

最終的にその行動の結末を引き受けるのは、子ども自身だからです。

 

ツボツボ(仮)
このあたりは深い内容になっているので、まだ『嫌われる勇気』を読んでない人は、早めに読むと良いと思います。

 

すべてを理解するのには時間がかかりますが、初めて読んだ時は雷が落ちるほどの衝撃的な内容です。

 

課題の分離を習慣にして、自分と他者の課題を明確に区別できるようになりましょう。

 

98.人の目を気にしない

自分と他者との課題の分離ができたら、次は他人の目を気にしないことを習慣にしましょう。

 

あなたが他人に介入できないということは、逆に言えば他人もあなたの課題に介入できないということです。

 

つまり、課題を解決するのは誰でもないあなた自身なんです。

 

  • この服似合うかな?
  • このブランド品を持ってると金持ちっぽいな
  • キレイな人やカッコいい人を連れてると自分の株も上がるな

 

これらは、自分基準ではなく他人の目を気にした単なる見栄でしかありません。

 

他人の目を気にしていても意味がありません。

あなたの課題に誰も踏み込むことはできないからです。

 

自分は自分、他人は他人

 

他人の目を気にしない習慣で、もっと自分らしく生きられるようになるはずです。

 

99.ミニマリズム

ミニマリズムとは、自分の大切なものに注力するために不要なものを最小限にする考え方です。

 

よく誤解されていますが、ミニマリズムは単純にモノを減らすという考え方ではありません。

 

自分の大切なモノに全力を注ぐために、他のモノをそぎ落とすんです。

 

ミニマリズムの考え方を持った人は、必ずしも服が少ないとは限りません。

服が好きな人は、服をたくさん買う代わりにそれ以外のものを減らします。

服に興味がない人は、服を少なくして他のモノにお金を使います。

 

自分の大切なモノに全力を注いで、他のモノは極力減らす。

 

これがミニマリズムの考え方です。

 

自分の好きなモノがたくさんあって、不要なモノが少ない生活は幸せ以外の何物でもありません。

 

先ほど紹介した人の目を気にしない習慣と合わせて、ミニマリズムの考え方を習慣化していきましょう。

 

きっと、あなただけのあなたらしい人生に変わっていきますよ。

 

100.人生の軸を持つ

ミニマリズムの考え方を習慣化するためには、「自分にとって何が1番大切なのか」を見分ける必要があります。

何を捨てて、何に集中するのかわからないからです。

 

あなたにとって1番大切なモノを、ここでは『メモの魔力』から引用して『人生の軸』と呼ぶことにしましょう。

 

この『人生の軸』が言うまでもなく超重要です。

 

人生の軸』は、例えるなら会社の経営理念のみたいなものです。

会社の経営理念が無いと、今後どうしていくのか?という方向性が決まりません。

すべてが、その場しのぎの経営になってしまいます。

 

会社と同じであなたも、『人生の軸』が決まっていないと、今後のためにどんな行動をとるのかが明確になりません。

その時の気分で行動してしまいます。

 

だから『人生の軸』を持つことが大事なんです。

 

たとえば僕の場合は、「人生は冒険」という軸を持っています。

どんな状況でも、最終的に選ぶのは「自分が見たことない方・ワクワクする方」です。

この軸はブレません。

 

 

あなたにとっての人生の軸はなんですか?

この質問に即答できない人は、『メモの魔力』や『世界一わかりやすいやりたいことの見つけ方』を読んで、人生の軸を言語化しておきましょう。

 

人生の軸を持つことができれば、あなたがとる行動は自然に決まります。

 

判断に迷うことはありません。

軸に従うだけです

 

【まとめ】思考の習慣

 

  • 失敗はネタになる
  • やりたいことをやる
  • 課題の分離
  • 人の目を気にしない
  • ミニマリズム
  • 人生の軸を持つ

 

目次に戻りたい人はこちら

 

【総まとめ】1つずつ習慣化することで人生は変わっていく

習慣で人生は変わる

 

ツボツボ(仮)
まずは、こんなに長い記事を最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

 

それではここまでを総復習しておきましょう。

 

今回の記事で紹介した「身につけたい良習慣・やめたい悪習慣100」は以下の通りです。

 

身につけたい良習慣・やめたい悪習慣 1

身につけたい良習慣・やめたい悪習慣 2

 

「習慣化してみたい!」というような習慣は見つかりましたか?

 

ただ、1つだけ注意してほしいことがあります。

 

習慣は1つずつしか身につけられないということです。

 

2つ・3つと欲張るのではなく、まずは習慣化できそうなものから1つずつ習慣化していってください。

人間の本能を逆に利用する方法
三日坊主の人が習慣化できない原因TOP3【習慣化するコツ9個】

続きを見る

 

 

ツボツボ(仮)
そして習慣化できたら、ぜひまたこの記事に戻ってきてください。

 

習慣は人生を変えます。

 

時間はかかりますが、これは本当です。

 

こんな長い記事を最後まで読んでくれるようなあなたなら絶対にできます。

 

ツボツボ(仮)
1つでも習慣化できたら、Twitterお問い合わせから、ぜひ報告してください。

 

皆さんの嬉しいご報告を、首を長ーーーくして待っています。

-勉強, 読書, 運動

© 2021 習慣化のツボ 2.0