動画で学べる本

【動画で10倍わかる】最大化の超習慣・ホリエモン【瞑想するな】

2022年2月2日

 

本記事は、YouTube動画のテキスト版です。

「テキストよりも動画の方がいい」という方は、YouTubeの方をご覧ください。

 

どうも習慣オタクのツボツボです。

今回は、堀江貴文さんが書かれた最大化の超習慣を解説していきます。

 

あのホリエモンが書いた本ですね。

でもホリエモンの本って聞くと、このように思う方も多いのではないでしょうか?

 

ホリエモンの本って、「好きなことやれ」とか「ちゃんと寝ろ」とか「スマホに金かけろ」みたいに、結局同じこと書いてあるんだよなあって。

 

確かに、この本にもそのような内容は書いてあります。

 

そこでこの記事では、ホリエモンの本をこれまで5冊以上読んできた僕が、本書の中で最も真新しさを感じたホリエモン式のストレスフリーになる習慣を紹介していきます。

 

【超要約】ホリエモンの『最大化の超習慣』瞑想するな!?

【超要約】最大化の超習慣|堀江貴文・ホリエモン

 

結論、ホリエモン式のストレスフリーになる習慣は以下の3つです。

  1. 瞑想するな
  2. スケジュールを埋めろ
  3. 好き嫌いをしろ

 

 

「え?そのへんのビジネス書とか、おかんと真逆のこと言ってるじゃん」と、思ったそこのあなた。

スゴイ。

日頃からちゃんと勉強していたり、おかんの言うことをちゃんと聞いていた証ですね。

 

そこで今回は、なぜホリエモンがこのような普通の逆のことをしているのか?という理由について解説してみました

 

この記事を見れば、ホリエモン式のストレスの減らし方がわかるだけでなく、でかいことを言えば問題解決の本質、そしてそれを習慣にしていく方法もわかります。

 

ぜひ最後までご覧ください。どうぞ!

 

①瞑想するな

ホリエモン式のストレスフリーになる習慣1つ目は瞑想するなです。

 

まず始めに誤解のないように言っておきますが、ホリエモンは「瞑想するな」と僕たちに強要しているわけではありません。

瞑想に関して、このように言っているだけです。

ぼくは絶対やらない。どんなメリットがあろうがやらない。

引用:最大化の超習慣

 

ではなぜホリエモンは瞑想を絶対やらないのでしょうか?

 

その理由は、ずばり余計なことを考えてしまうからです。

 

一般的に瞑想は、心を静めて、心に空白を作り、思考や感情を整理するためにやると言われています。

実際にホリエモンもそのような瞑想のメリットを、十分に知っているようです。

 

しかしホリエモンは、本書の中でこのように語っています。

瞑想して心を鎮める。

心に空白をつくる。

ぼくには無理である。

空白をつくったそばから、余計なことをとりとめもなく考えてしまうだろう。

そうやって考え込み、いろんな不安に苛まれるはめになる。

間違いなくそうなる。

ぼくの心は鎮まるどころか、強烈なストレスにさらされるのが目に見えている。

引用:最大化の超習慣

 

つまりホリエモンは、「瞑想にはメリットがあることは知っているけど、自分には向いていない」ということを熟知しているんです。

 

 

瞑想に限らず、あなたが普段習慣としてやっていることで、なんとなくやっていることはありませんか?

 

  • 有名人がやっているから
  • 本に書いてあったから
  • あの人が良いって言ってたから

このような理由でただやるのではなく、「本当に自分に向いているのか?」ということを1度考えてみましょう。

 

いくら効果があると言われていることでも、自分に合っていなかったら無意味です。

とくこうが高くないポケモンにサイコキネシスを覚えさせても、あんまり使えないのと同じです。

 

②スケジュールを埋めろ

ホリエモン式のストレスフリーになる習慣2つ目はスケジュールを埋めろです。

 

これも、普通の自己啓発書なんかとは逆のこと言ってますよね。

 

普通は、スケジュールに空白を作っておいて、そこで「自分の自由なこと、緊急じゃないけど重要なことをしましょう」とか言いますもんね。

それでもホリエモンは、スケジュールを埋めろと言います。

なぜなら、心に隙があったらストレスが入りこんでくるからです。

 

突然ですが、この動画を見ているあなたに質問です。

あなたが今悩んでいることは何ですか?

5秒時間をとるので、目をつぶって考えてみてください。

 

なにか浮かびましたか?

  • この前仕事でしたミスを引きずっている
  • ふとしたきっかけで友達や家族と口論になったことを悔やんでいる
  • 伝説のポケモンを確実に捕まえようとHPを削っていたら、最後に急所に当たって倒してしまった

 

このように、悩みや後悔って、考えだしたら何かしら見つかっちゃいますよね。

イヤなことを思い出させてしまって本当にすいません。

 

でも、じゃあなぜ今このような悩みが思い浮かんだかと言うと、それは心に隙を作ったせいです。

 

今あなたは5秒目をつぶって、一瞬考えただけですよね。(多分99%の人はやっていないと思いますが)

でも、その何もしていない5秒の隙に、悩み、後悔、不安、つまりストレスが入り込んできたのは事実です。

 

だからホリエモンはスケジュールを埋めろ、瞑想なんかやっている場合じゃないと言います。

常に何かをやっていれば心に隙が出来ない、つまりストレスの入り込む余地がないからです。

 

  • 仕事をミンチのように細切れにして、スキマ時間に埋めていく
  • 胸が躍る遊びの予定を入れる
  • 誰かと会う、食べる

 

あなたも、自分のやりたいことだけで1日を埋めてみましょう。

きっと天下一品のラーメンのように濃厚な1日になるはずです。

 

③好き嫌いしろ

ホリエモン式のストレスフリーになる習慣3つ目は好き嫌いしろです。

 

僕の妻に言ったら、「なんてこと言っとんの」とブチギレられそうですが、ホリエモンは好き嫌いを最良の食習慣とまで言っています。

その理由は、「好きなものを、好きなように食べる」ことがストレスをためない秘訣だからです。

 

ここでは、本書でも紹介されていた瀬戸内寂聴さんの話をします。

 

2021年に99歳で亡くなられた瀬戸内寂聴さんとホリエモンは、何度か対談をしたことがあったそうです。

そんな瀬戸内寂聴さんの印象を、ホリエモンは本書でこのように語っています。

  • お寺を歩く足取りが軽やか
  • 頭脳明晰
  • 切り返しも早く、ユーモアがある

 

その若さの秘訣が、実は「ストレスをためないこと。我慢しないこと」だったそうです。

好きなものを、好きなように、好きなだけ食べる。

これが瀬戸内寂聴さんのポリシーだったんです。

 

実際、瀬戸内寂聴さんの食卓にはほぼ毎日肉が並んでいたそうです。

その他にも、野菜はキライ・豆腐は味気がないから食べない・昼間からビールなど、

健康でいたかったら我慢がいちばんダメなのよ」と、言っていたそうです。

 

この言葉、心にグッとくるところがありませんか?

 

確かに野菜は体にいいかもしれません。

ただ、あなたは「好き嫌いしてはいけない」「野菜を食べないといけない」「肉を食べすぎてはいけない」と盲信していませんか?

 

健康に気を使って我慢することが、実はあなたにとっては1番の毒かもしれません。

 

「必死にすいとるでHPを回復していたけど、実はどくどくでHPを回復する以上に削られてた」みたいな感じにならないようにしましょう。

 

ストレスフリーになる習慣・問題解決の本質とは?

ということでここまで、

  1. 瞑想するな
  2. スケジュールを埋めろ
  3. 好き嫌いしろ

 

と、ホリエモン式のストレスフリーの習慣を3つ紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

 

ここで、あなたに1つ考えてほしいことがあります。

それは、ストレスフリーになる習慣の本質とは何なのか?ということです。

 

だって考えてみてください。

  • あの本では瞑想がいいと言っているのに、ホリエモンはやらない
  • 「スケジュールに空白を作れ」と言う人もいるのに、ホリエモンは「埋めろ」という
  • 「好き嫌いをしてはいけない」と、そこらへんのママたちは言うのにホリエモンは好き嫌いをする

 

ここからわかることは1つです。

それは、ストレスフリーになる習慣に正解なんてないんです。

 

大事なことなのでもう一度言います。

ストレスフリーになる習慣、もっというと日常の問題解決に正解なんかありません。

 

  • 小学校の算数では「2+2=4」という正解があります。
  • 2次方程式の解の公式はX=2aぶんの…
  • ギャラドスには10万ボルトが4倍効くという正解(事実)も。

 

でも、ストレスフリーになる習慣、もっと大きなことを言うと、日常の問題解決に正解なんてないんです。

これは、ちきりんさんの『自分の意見で生きていこう』で述べられていることでもありますが、僕たちは常に答え探しをしてしまいがちです。

 

「もっとブログで稼げる公式はないかな?」

「Twitterを伸ばす法則はないかな?」

「YouTubeのチャンネル登録者数を増やす裏技はないかな?」

 

こんな風に僕も、今まで終わりのない答え探しをずーーーとしてきました。

でも、どれだけ情報収集を頑張ったやったとしても、これが絶対に正解!なんていうものは見つかりませんでした。

というか、そんなもんあったらみんなやってますよね。

 

自分でやってみて、自分の頭で考えてみて、ようやく自分の考えや意見が見つかるんです。

 

だから、この動画で言いたいことは1つです。

ストレスフリーになる習慣に限らず、本を読むだけ、誰かから聴くだけでなく、とにかくやってみようということです。

なんかちょっとありきたりな答えになってしまったので、これをもっと具体的な習慣に変換してみます。

 

今回あなたにやっていただきたい習慣は、「本を読んだら、1つやってみる」ことです。

  • 瞑想
  • 遊びの予定を入れてみる
  • 体に良いと言われているものを食べてみる

 

やってみないことには、あなたに合っているかなんてわからないんです。

自分で実際にやってみて、ホントに「良いな。自分に合ってるかも」と感じたものを続けてみればいいんです。

 

読むだけで終わりにせず行動しましょうね!っていうことが何百回も言われています。

しかしそれは、裏を返せばそれだけ実行に移す人が少ないということです。

 

この動画を見るのに使った時間をムダにしないように、1つでいいので、今日からやってみましょう。

 

まとめ:習慣に変換

【ホリエモン式】ストレスフリーになる「最大化の超習慣」

 

ということでこの動画のまとめです。

今回は、最大化の超習慣からホリエモン式のストレスフリーになる習慣を紹介してきました。

  1. 瞑想するな
  2. スケジュールを埋めろ
  3. 好き嫌いしろ

 

ホリエモンは心にすきをつくったらストレスが入り込んでくるので、とにかくすきをつくらない。

食を我慢することは絶対にしないという話をしてきました。

 

そしてそこから、ストレスフリーになる習慣、デカイことを言うと日常の問題には正解がないんだよっていう話をしました。

 

最後にやってほしい具体的な習慣はこれです。

本を読んだら、1つやってみる

 

ということで今回は、ホリエモンの最大化の超習慣を解説してきました。

 

本書は、ホリエモンの最高傑作ということが表紙に書いてあります。

それだけあって、多動力、時間革命、スマホ人生戦略、このあたりの本のいいとこ取りをした本という感じでした。

気になる人はぜひチェックしてみてください。

 

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめ記事▼

【まとめ】Audibleで好きな本を聴こう
【ビジネスマン必聴】Audibleの聴き放題の超おすすめ本97冊

続きを見る

-動画で学べる本

© 2022 ツボツボブログ