勉強

【勉強のやる気が出ない社会人向け】勉強を習慣化する5つのコツ

社会人 勉強 習慣化
勉強を習慣化したいんだけど、なかなかやる気がでないんだ。

僕みたいなナマケモノでも、勉強を習慣化できるようになる方法があったら知りたいな。

 

このような悩みを解決していきます。

 

こんな人におすすめの記事です

  • 勉強のやる気が出ない
  • 勉強のメリットがよくわからない
  • 勉強を習慣化するコツを知りたい

 

社会人になってからの勉強ってなかなかやる気が出ませんよね。

「やらなきゃ」って思ってても、仕事から帰ってきたら大抵疲れ果ててますし。

 

しかも学生時代みたいに成績がついたり、留年するわけでもないので。

 

 

でも実は、やる気の出ない勉強でもコツさえ押さえれば習慣化することはそんなに難しくないんです。

 

ツボツボ(仮)
ツボツボ / 習慣化オタク

  • 習慣化特化ブログを運営中
  • 趣味でFP3級を取得
  • 初受験のTOEICは770点

 

この記事では、元・超ナマケモノの僕でさえ勉強できるようになった方法を、科学的なデータを交えながら紹介していきます。

 

 

モチベに頼らなくても勉強できるようになる方法は確実に存在します。

 

この記事を読むような勉強熱心なあなたなら、今日から必ず勉強できるようになるはずです。

 

前提

ここでいう勉強とは、読書などの自己投資も含みます。

「なかなか読書も習慣化しないんだよな」という人にもおすすめです。

 

【社会人】勉強のやる気が出ない5つの理由

社会人が勉強しない5つの理由

 

まずは、なぜこんなにも社会人は勉強のやる気が出ないのか?

その原因を見ていきましょう。

 

 

僕の経験上、勉強のやる気が出ない理由は以下の5つです。

 

  1. 周りに勉強している人が少ないから
  2. 誘惑が多いから
  3. 時間がないから
  4. 何から始めたらいいかわからないから
  5. お金がかかるから

 

ほとんどの人が当てはまることばかりだと思いますが、自信をなくす必要はありません。

 

勉強できない理由をちゃんと知って、対策が立てられるようにしていけば大丈夫です。

 

周りに勉強している人が少ないから

 

そもそも社会人で勉強している人なんか5%ぐらいしかいません。

参考:マネ会

 

つまり、あなたの会社に社員が100人いたとしても、勉強しているのはたったの5人です。

 

そりゃ勉強しませんよね。

だってみんな勉強なんかしていないんですから。

 

 

まずは、「勉強している人は少数派なんだ」という事実を忘れないようにしておきましょう。

 

勉強しない社会人たちに流されてはいけません。

 

こんなクソ真面目な記事を読んでいるあなたなら、きっと勉強できるようになります。

 

誘惑が多いから

 

周りに勉強している人が少ないことに加えて、さらに今は誘惑だらけです。

 

  • スマホゲーム
  • YouTube
  • Netflix

 

僕たちの周りは、時間を使おうと思えばいくらでも時間をつぶせるようなモノがあふれかえっています。

 

 

本気で勉強をしたいのあれば、何かを犠牲にしましょう。

それが勉強を始める必須条件です。

 

時間がないから

 

でも社会人ってなかなか時間がありませんよね。

 

朝は早く仕事に行って、夜は帰ってきても疲れていますし。

 

ツボツボ(仮)
僕も昔は、とにかく時間が足りないと感じていました。

 

 

でも「時間がない」というのは、習慣化のコツを知ってから、ホントは言い訳だということがわかったんです。

 

詳しくは以下の記事で解説していますが、朝と夜に時間がない社会人でも、勉強やいろんなことに取り組むことができます。

 

まずは、時間を生み出すテクニック、習慣化のテクニックを身につけましょう。

 

関連▼

【朝活無双】毎朝やりたいおすすめの習慣12選と継続のコツ3つ

【QOL爆上げ】夜のおすすめ習慣10個とNG習慣【ルーティン例あり】

 

何から始めたらいいかわからないから

 

でも正直めんどくさいですよね。

 

というか、何から始めたらいいかわからないですよね。

 

 

それでも大丈夫です。

以下の記事で何から始めたらよいか、結論を出しています。

 

社会人全員におすすめの勉強内容4つ
【成長思考】これから勉強を始める社会人におすすめの勉強テーマ8選

続きを見る

 

まずはこの記事を読んで、できることから始めましょう。

 

お金がかかるから

 

でも、あなたはこんな風に思いませんでしたか?

 

「勉強って意外にお金がかかるんだよな」って。

 

 

じゃあそう思ったあなたに逆に質問です。

 

パチンコに簡単に2万円ぐらい使っていませんか?

ゲームに5,000円ぐらい課金していませんか?

コンビニでムダに1,000円ぐらい使っていませんか?

 

その1,000円を勉強や本に使うだけでいいんです。

 

それだけでもよっぽど有意義な1,000円の使い方になるでしょう。

 

このあと紹介する勉強のメリットをしっかりと頭の中にイメージして、もう一度お金の使い方を考え直してみましょう。

 

 

また、今の時代は無料で学ぶ方法もたくさんあるので、お金をかけずに勉強することだっていくらでも可能です。

関連:社会人におすすめの勉強テーマ8選【無料で始める方法あり】

 

まとめ:やる気が出ない原因はメリットを知らないから

 

やる気が出ない理由を簡単にまとめておきます。

 

  1. 周りに勉強している人が少ないから
  2. 誘惑が多いから
  3. 時間がないから
  4. 何から始めたらいいかわからないから
  5. お金がかかるから

 

 

では、これらの根本的な原因はどこにあるんでしょう?

 

ツボツボ(仮)
僕は勉強のメリットに気づいていないことが原因だと思います。

 

勉強のメリットにちゃんと気がついて自分で納得できれば、時間がなくても、環境が悪くても、言い訳なんかせずに勉強するようになるんです。

 

 

たとえばハミガキはそうですよね。

明らかに自分の歯をキレイに保つことに対して、ハミガキはメリットが多いですよね。

やらないとヤバいですよね。

 

こんな感じで、誰もがハミガキのメリットには気がついています。

だからハミガキは、時間がなくても、ちょっとぐらい面倒くさくても、ちゃんとやるんです。

 

 

勉強も同じです。

 

メリットをしっかり理解して、そこに自分が納得できれば、ちゃんとやるようになるんです。

 

ツボツボ(仮)
僕も実際に、たくさんの本を読んで勉強のメリットを強く感じるようになってから、自然と勉強したくなってきましたからね。

 

ということで次の章では、勉強のメリットを紹介していきます。

 

社会人が勉強する5つのメリット

社会人の勉強する5つのメリット

 

結論、社会人が勉強するメリットは以下の5つです。

  1. 実践的な知識が身につく
  2. スキルが身につく
  3. お金が増える
  4. 自信がつく
  5. 選択肢が増える

 

順番に僕の体験談を交えながら深堀りしていきます。

 

実践的な知識が身につく

  • お金に対する正しい知識
  • 日常生活に活かせる知恵
  • 現場で使える技術
  • 市場価値の上げ方
  • 英語の話し方

 

こういった実践的な知識っていうのは、学生の勉強では学べませんよね。

 

誰かが勝手に教えてくれるわけではないので、知らなかったら一生知らないままです。

 

ツボツボ(仮)
だから社会人は自分で勉強する必要があるんです。

 

自ら情報を能動的に仕入れていくしかないんです。

 

世間はそんなにやさしくありません。

まずは自分で学んでいかないとダメだという事実を知りましょう。

 

スキルが身につく

 

個人的な話ですが、僕はここ1年ぐらいブログをやってます。

 

じゃあここ1年で良い成果が出たかというと、そうでもないです。

ブログだけだと、せいぜい数千円ぐらいです。

 

「じゃあその1年はムダなんじゃないか」と思う人もいるかもしれません。

 

でも僕は、「ムダになんかなっていない」と自信を持って断言できます。

 

確実に僕は、スキルが身につけることができたからです。

 

  • ライティング
  • マーケティング
  • 広告運用

 

これらのスキルは、ブログをやっていなかったら絶対に身につきませんでした。

 

 

勉強しても、頑張っても、資格をとっても、何も金銭的な成果は出ないかもしれません。

でもあなたの中にスキルは確実に残ります。

 

成果が出なくても勉強する意味があることは、僕が100%保証します。

 

お金が増える

 

成果が出なくても勉強する意味はあるという話をしましたが、もちろん成果が出ることはあります。

 

「そんなの一部の人だけでしょ」って思うかもしれませんが、そうではありません。

 

確かに、勉強して給料がすぐに上がる人なんて少数かもしれません。

 

 

でもたとえば、以下の記事で紹介しているようなお金の勉強は、誰でも割とすぐに効果が表れます。

関連:社会人におすすめの勉強テーマ8選【無料で始める方法あり】

 

ちょっと知識を身につけて、少し勇気を持って行動するだけで、毎月1,2万円、1年で10万円以上の効果を出すことも可能です。

 

正直、お金がほしくない人はいないでしょう。

 

だったら、みんな勉強するメリットは確実にあります。

 

シンプルにお金がほしいなら勉強しましょ。

僕も勉強を始めた理由なんてそんなもんです。

 

自信がつく

じゃあ勉強して知識やスキル、お金が得られたらどうなるでしょう。

 

ツボツボ(仮)
そりゃあ自信がつきますよね。

 

 

実際に僕も昔はめっちゃネガティブでした。

「いつ死んでもいいや」がけっこうな頻度で口から出てたと思います。

 

でもそんな僕でも勉強する中で、確実な自信がついてきたんです。

 

 

これは知識がついてきたから生まれた余裕みたいなものでしょうか。

 

たとえば、前は「起業なんか難しそうなこと絶対おれにはムリだ」っていう風に思っていました。

 

ツボツボ(仮)
でも今は「わからなくても勉強すればどうにかなるっしょ」って本気で思ってます。

 

 

これが、勉強によって身につけられる大きな自信です。

 

根拠が無いわけではなくて、今まで自分がやってきたことからくる根拠のある自信です。

 

 

「今やっていることに自信が持てない」という人は、先が見えないから怖いだけかもしれません。

 

まずは勉強して知識を身につけて、不安なんかオサラバしましょう。

 

選択肢が広がる

 

知識・スキル・お金・自信がついたらついたらどうなるでしょう。

 

それはもう最強ですよね。

人生うまくいくんじゃないかっていう気になってきます。

(僕はまだお金をそんなに手に入れてないんで、ちょっと説得力に欠けますけど。)

 

でもそんな僕でさえ、今は無限の可能性を感じています。

 

  • 副業
  • 転職
  • 独立
  • FIRE

 

人生にはいろんな選択肢があります。

 

それを教えてくれるのは、まぎれもなく勉強です。

 

勉強を今日から少しでも始めてみて、選択肢の多い自由な人生へ一歩踏み出しましょう。

 

社会人が勉強するメリットまとめ

  1. 実践的な知識が身につく
  2. スキルが身につく
  3. お金が増える
  4. 自信がつく
  5. 選択肢が広がる

 

モチベに頼らずに勉強を習慣化する5つのコツ

社会人 勉強 習慣化

 

勉強のメリットはわかったけど、どんな風に習慣化していけばいいかわからないよ。

 

では今度は、やる気に頼らずに勉強を習慣化するコツを紹介していきますね。
ツボツボ(仮)

 

 

結論、社会人が勉強を習慣化するコツは以下の5つです。

  1. ゴールを妄想する
  2. 小さな行動から始める
  3. 宣言する
  4. 勉強するタイミングを決める
  5. スマホを封印する

 

特に、社会人が勉強を続けるのに大切なのはタイミングスマホです。

 

ただ、その前提としてゴール目標設定が重要なので、今回はこの順番で解説していきます。

 

 

また、全般的な習慣化のコツについては、【脱3日坊主】習慣化できない原因TOP3と習慣化のコツ9個の記事でも解説していますが、今回は特に社会人の勉強を習慣化するコツにについて解説していきます。

 

1.ゴールを妄想する

 

社会人が勉強を習慣化するコツの1つ目は、ゴールを妄想することです。

 

あなたは勉強のゴールが明確になっていますか?

 

ゴールが決まっていないと、何のために勉強しているのか、途中で分からなくなってしまいます。

 

  • 今年中にTOEICで700点とって転職活動に活かす
  • FPの勉強をしてお金の知識を身につけて貯金額を1万円増やす
  • 会社で必要な資格をとって給料を1万円UPさせる

 

どんなゴールでもかまいません。

なるべく具体的に、映像レベルで想像してください。

 

勉強することで、今よりちょっと幸せな暮らしができるイメージを持ちましょう。

 

ミッション

勉強が習慣化できた先のゴールを想像してみよう

 

2.小さな行動から始める

社会人が勉強を習慣化するコツ2つ目は、小さな行動から始めることです。

 

先ほど確認したゴールは、あくまでも理想なので毎日の目標には適していません。

 

そこで、ゴールに向かうために適切な毎日の目標をたてましょう。

 

ただし、こんな目標は絶対にダメです。

 

  • 毎日2時間勉強する
  • 毎日10ページやる

 

目標が高すぎて、時間のない社会人には不可能だからです。

 

厳しいことを言うようですが、このような目標が達成できるのであれば、あなたは今この記事を見ていないはずです。

 

ツボツボ(仮)
だから目標は、確実に365日できるめちゃくちゃ小さな行動にしましょう

 

小さな行動を目標にした例

  • 毎日1ページ勉強する
  • テキストを開く
  • ペンを持つ

 

これなら、どれだけ仕事で疲れていても達成できるはずです。

 

「本当にこんなことでいいの?」と思われるかもしれませんが、最初はこれで十分です。

 

社会人は基本的にみんな時間に追われているからです。

 

ちょっとでも勉強が習慣化できれば、着実に自分に自信がついてきます。

 

勉強は、どれだけやる気のない日でもできる小さな行動から始めましょう。

 

ミッション

どれだけ疲れていてもできる小さな行動を毎日の目標にしよう

 

3.宣言する

社会人が勉強を習慣化するコツ3つ目は、宣言することです。

 

宣言するとは、友達や家族などに勉強することを伝えることです。

 

「今日から毎日勉強するわ」

「今日から毎日1ページやるわ」

「今日から毎日テキストひらくわ」

 

どんな些細なことでもかまいません。

宣言することで、約束を破りたくないという「一貫性の原理」という人間の本能がはたらきます。

 

特に社会人は、仕事などで期日や一貫性を持つことが習慣になっています。

 

その習慣を勉強にもうまく利用しましょう。

 

ツボツボ(仮)
僕は会社の後輩に宣言しています。

ぶっちゃけ誰でもいいですが、約束を守りたくなるような人に、あえて宣言するのがおすすめです。

 

 

もし、誰に宣言すればいいかわからない方は、お問い合わせTwitterのDMなどで、僕に連絡してください。

 

ミッション

今すぐ友達や家族に連絡して今日から勉強することを伝えよう

 

4.勉強するタイミングを決める

 

社会人が勉強を習慣化するコツの4つ目は、勉強するタイミングを決めることです。

 

社会人が勉強を習慣化するのは、あなたが思っているよりも難易度が高いものです。

 

思い出してみてください。

 

あなたは学生の時に自分から進んで勉強をやりましたか?

夏休みの宿題は早めに終わらせましたか?

 

ほとんどの人がやらなかったはずです。

 

学生の頃に勉強できなかった人が、時間のない社会人で勉強を習慣化するのは至難の業です。

 

実際に、社会人の勉強時間の平均は6分というデータもあります。

参考:総務省統計局|平成28年社会生活基本調査

 

だから、時間のない社会人は勉強するタイミングを固定しないとダメなんです。

 

勉強するタイミングが決まっていれば、自然と6分以上勉強できるようになってきます。

 

 

じゃあ具体的には、いつやるのがいいの?

 

おすすめは、朝一寝る直前です。
ツボツボ(仮)

 

通勤中などでもいいですが、通勤は仕事の日しか発生しない時間です。

 

しかし、朝一か寝る直前であれば、仕事の有無に関わらず毎日必ず発生します。

 

仕事でも仕事じゃなくても毎日勉強できるように、朝一か寝る前の勉強を習慣化しましょう。

 

勉強と言っても、最初はもちろん「テキストを開く」レベルの小さな習慣からで大丈夫です。

 

 

ミッション

朝一か寝る前に毎日勉強をしよう

 

 

ちなみに寝る15分前は、暗記の勉強をすると記憶に定着しやすくなるのでおすすめです。

 

寝る直前の記憶は、「記憶の衝突」が起こらないので、入力された情報がそのままコピーされるように脳に記憶されるのです。

引用:今日がもっと楽しくなる行動最適化大全

 

5.勉強する時はスマホを封印する

社会人が勉強を習慣化するコツ5つ目は、勉強する時はスマホを封印することです。

 

封印するとは、スマホを別の部屋に置いておくことを指します。

 

もはやスマホは、学生だけでなく社会人にとっても勉強の大敵です。

 

確かにスマホが勉強に良くないのはわかるけど、わざわざ別の部屋に置いておく必要あるの?

 

はい、あります。

スマホを別の部屋に置いたら、集中力が上がったというデータがあるからです。

ツボツボ(仮)

 

スマホを別室に置いていた被験者は、机の上にスマホを伏せた被験者よりも格段に高いスコアを獲得し、ポケットやカバンにしまっておいた被験者よりわずかに高い成績を得ていたのです。

出典:life hacker

 

音楽を聴くためにスマホを使う人なども多いですが、正直なところあまりオススメしません。

 

もし音楽を聴きたいならスマホ以外のものを使うなど、勉強中はスマホを使わなくてもいい環境を必ずつくりましょう。

 

ミッション

勉強中はスマホを使わない環境をつくろう。

 

【まとめ】ちょっとの勉強で簡単に平均以上になれる

社会人 勉強 習慣化

 

では、ここまでをまとめておきます。

 

まずこの記事では、勉強のやる気が出ない理由について解説してきました。

 

勉強のやる気が出ない理由

  • 「時間がない・忙しい・めんどくさい」という言い訳
  • 実はみんな勉強のメリットを理解していないだけ

 

 

そして次に、社会人が勉強するメリットを、僕の体験談などを含めながら紹介してきました。

 

「なんだかまだ勉強に1歩踏み出せないな」という人は、もう1度社会人が勉強するメリットの章を読んでみると良いかもしれません。

 

社会人が勉強するメリット

  1. 実践的な知識が身につく
  2. スキルが身につく
  3. お金が増える
  4. 自信がつく
  5. 選択肢が増える

 

そして最後に、社会人が勉強を習慣化するコツを紹介しました。

  1. ゴールを妄想する
  2. 小さな行動から始める
  3. 宣言する
  4. 勉強するタイミングを決める
  5. スマホを封印する

 

 

少しでも勉強が習慣化できれば、年収を上げることも難しくありません。

 

勉強なんか、みんなしないからです。

 

記事の途中で、社会人の勉強の平均時間は6分であることを紹介しました。

 

ツボツボ(仮)
これは、裏を返せばちょっと勉強するだけで誰でも平均以上になれるということを示しています。

 

でもみんな、勉強を習慣化することなんてできないんです。

 

だからこそ、勉強をちょっとでも習慣化することができれば、頭一つ抜けた存在になれます。

 

今日から勉強を始めて自分の手で未来を変えていきましょう。

 

ここまで記事を読んだあなたなら必ずできるはずです。

 

【テンプレ】勉強を習慣化するコツを使ってみよう

最後に、今回紹介したコツをテンプレとして置いておきます。

 

明確なゴール:

小さな行動:

誰に宣言するか:

勉強するタイミング:

スマホを封印する方法:

 

ぶっちゃけ、勉強なんかしたくない人は、やらなくてもいいと思います。

 

しかし僕的には、勉強すると今よりも確実に幸せになれると思います。

 

ツボツボ(仮)
僕も勉強する前は、毎日ゲームとギャンブルを繰り返すだけのただの廃人でした。

でも勉強を始めてから、幸せになる方法が分かってきた気がするからです。

 

あなたが「幸せになる」か「不幸になる」かは、単純に「幸せになるための知識の差」だけなのです。

出典:99.9%は幸せの素人

 

やらない言い訳を探す前にできることから始めましょう。

 

今日から行動すれば、1日早く幸せになることができるかもしれません。

 

「何から勉強を始めていいかわからない」という人は、自分のお金に直結する『お金の勉強』から始めてみてください。

 

▼関連記事▼

【初心者向け】お金の勉強におすすめの本5選【2021年版】
【必読】お金の勉強におすすめの本5選【初心者向け鉄板本】
僕がFP3級を受検するまでの軌跡
【リアルな体験談】FP3級を初受検したド直球な感想【試験時間が長い】

 

あなたの人生が、少しでも良い方向に向かう手助けになれば嬉しいです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-勉強

© 2021 習慣化のツボ 2.0