運動

【初心者でも簡単】筋トレを習慣化するコツ6選【仲間が最強】

筋トレを習慣化するコツ

 

筋トレしてみようかなって思ってるんだけど、習慣化するコツってあるのかな?

コツがあったら、なるべくたくさん知りたいな。

 

このような悩みを解決していきます!

 

執筆者紹介

ツボツボ(仮)

どうもツボツボです!

 

昔は「デーモンの召喚」というあだ名で呼ばれていたほどガリガリの体でした。

 

しかし筋トレを習慣化して1年経過した今では、姉に「同じ人間とは思えない」と言われるほど筋肉がついてきました。

 

ということで今回は、そんな僕があなたにピッタリな習慣化のコツを伝授します!

 

こんな人におすすめ!

  • 筋トレをこれから始めたい
  • 筋トレが続いたことがない
  • 筋トレを習慣化するコツをたくさん知りたい
  • 自信をつけたい
  • 筋トレ仲間をつくりたい

 

筋トレや運動みたいに、疲れることを習慣化するのって難しいですよね。

でも筋トレのようなキツイことでも、コツさえわかれば誰でも簡単に習慣化できるんです。

 

ツボツボ(仮)

この記事では、あなたに合った習慣化の方法が見つかるように、たくさんのコツや具体例を紹介していきます。

 

筋トレが習慣化できれば、早起きや勉強、読書など、何でも習慣化できます。

あなたもこの記事を読んで筋トレを習慣化し、ダラダラと過ごしている毎日を変えていきましょう!

 

人は物事を繰り返す存在である。

従って、優秀さとは行動によって得られる物ではない。

習慣になっていなければならないのだ。

 

アリストテレス

 

【初心者OK】筋トレを習慣化するコツ

筋トレを習慣化するコツ

 

早速、筋トレを習慣化するコツを紹介していきます。

 

ツボツボ(仮)

今回は、筋トレを習慣にしている僕が普段から意識していることを中心に6つにまとめました。

少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

筋トレを習慣化するコツ

  • 筋トレ仲間をつくる(最重要)
  • ゴールを明確にする
  • 環境を整える
  • 筋トレするタイミングを決める
  • 毎日筋トレする
  • 成果を報告する

 

後ほど、それぞれの具体例をたくさん紹介していきます。

 

どれか一つだけでもいいので、あなたの筋トレ習慣に取り入れてみてください。

 

筋トレが習慣化できない原因

 

ではまず最初に、そもそもなぜ筋トレを習慣化できないのかを明確にしておきましょう。

 

筋トレが習慣化できない原因には以下の通りです。

筋トレが習慣化できない原因

 

あなたもいくつか当てはまるモノはありませんか?

 

ツボツボ(仮)

そこで今回は、それぞれの原因を解決するための習慣化のコツを、対応するような形で紹介していきます。

 

筋トレが習慣化できない原因①に当てはまる人→筋トレを習慣化するコツ①

筋トレが習慣化できない原因②に当てはまる人→筋トレを習慣化するコツ②

 

このように、自分が当てはまる項目を重点的に読んでいってください。

 

コツ①筋トレ仲間をつくる(最重要)

 

筋トレを習慣化する最も重要なコツは、筋トレ仲間をつくることです。

 

あなたはいつも1人で筋トレに取り組んでいませんか?

 

筋トレって基本的に1人じゃない?

ジムとかじゃなくて、家でやる人が多いと思うし…

 

そうですね。

実際に筋トレをするのは1人でもかまいませんが、同じ目標を持つ筋トレ仲間をつくりましょう。

ツボツボ(仮)

 

筋トレでもなんでも、自分1人の力で習慣化することはとても難しいことです。

 

そこで、筋トレ仲間をつくって、一緒に筋トレをすることが大切になってきます。

ここでいう筋トレ仲間とは、実際にジムなどで一緒に筋トレをする仲間のことだけではありません。

「筋トレをしたい」という同じ目標を持つ人であれば、SNSやアプリ上の仲間でもOKです。

 

≫筋トレ仲間をつくる超具体的な方法

 

ツボツボ(仮)

筋トレ仲間ができれば、たくさんのメリットがありますよ。

仲間をつくるメリット

  • 同じ目標のために頑張れる
  • モチベーションが保てる
  • 悩みを相談できる
  • 小さな成果を共有できる

これらのメリットは1人では絶対に得られません。

 

『仲間と習慣化する』

 

間違いなくこれが習慣化する時の1番のコツです。

≫筋トレ仲間をつくる超具体的な方法

 

コツ②ゴールを明確にする

 

筋トレを習慣化するコツ2つ目は、ゴールを明確にすることです。

 

あなたは何のために筋トレをしていますか?

 

ツボツボ(仮)

なんとなくではなく、ハッキリとした目標がないと筋トレは続きません。

 

筋トレの目的の例

  • 筋肉をつけて自分に自信をつけたい
  • 久しぶりに会う友達や家族をビックリさせたい
  • 夏までに脱げる体にしたい
  • 筋肉フェチのあの子にアピールしたい

 

どんな不純な理由でもかまいません。

 

とにかく、なぜ自分が筋トレをしてみたいかをもう一度考えてみましょう!

 

ツボツボ(仮)

おすすめは紙やマインドマップに書いて目的を整理することです。

参考までに僕が筋トレする理由を考えたマインドマップをのせておきますね。

 

ツボツボが筋トレする理由
 

コツ③環境を整える

 

筋トレを習慣化するコツ3つ目は、環境を整えることです。

 

ここでいう環境とは、筋トレの道具やジムに行くことだけではありません。

筋トレの環境を整えるとは…

  • 筋トレする時間にアラームをセットする
  • 道具をすぐ出せるように準備しておく
  • 道具を出しっぱなしにしておく
  • 筋トレ動画を見ながら筋トレする

 

筋トレを忘れない環境、すぐにできる環境、やりたくなる環境をつくることが大切です。

 

ツボツボ(仮)

筋トレを始める前の自分の写真や、理想の写真などを待ち受けにして毎日目にするのもかなり効果的なので、ぜひやってみてください!

筋トレ イメージ
イメージ
 

コツ④筋トレするタイミングを決める

 

筋トレを習慣化するコツ4つ目は、筋トレするタイミングを決めることです。

 

あなたは「やる気になったら筋トレしよう」と思っていませんか?

そのように意志の力に頼るのではなく、決まった時間やタイミングにすることが、筋トレでは大切です。

 

ツボツボ(仮)

人間の意志の力なんか全くあてにならないですからね。

朝の歯磨きのようにタイミングを体に覚えさせましょう!

 

筋トレする時間・タイミングの例

  • 歯磨きの後
  • 朝ごはんの前
  • 昼ごはんの後
  • お風呂に入る前

 

何かを習慣化したい時は、自分にピッタリの時間やタイミングを必ず見つけるようにしましょう。

 

ツボツボ(仮)

個人的には時間ではなく、タイミングの方がルーティン化しやすいのでおすすめです。

 

ちなみに僕は朝ごはんの前に筋トレしています。

そしてなぜか職場でお弁当を温めている時にスクワットするのが恒例になっています。

自分でもこのタイミングにやり始めた理由が謎ですが、そのくらいの習慣になれば勝ちですね。

 

あなたも時間やタイミングを色々と試してみて、自分に合うベストな時を見つけてください。

 

コツ⑤毎日筋トレする

 

筋トレを習慣化するコツ5つ目は、毎日筋トレすることです。

 

あなたは、1日おきに筋トレをしたりしていませんか?

 

でも筋トレって毎日するより休養日をつくった方が良いって聞くけど?

 

それは毎回筋肉痛になるような、めちゃくちゃガチで筋トレしている人たちだけです。

まずは筋トレを習慣化したい!という人は毎日やるようにしましょう!

ツボツボ(仮)

 

確かに、本格的に筋トレをするなら休養日をつくることも大事です。

 

しかし、あなたは毎回筋肉痛になるほどの筋トレをしていますか?

ほとんどの人が時々筋肉痛になるぐらいではありませんか?

たまに筋肉痛になるぐらいであれば毎日筋トレしても全然問題ありません。

 

でも毎日やるのって大変だし…

 

毎日ちゃんとやらなければいけないというわけではありません。

ちょっとでも毎日続けることが大切なんです。

ツボツボ(仮)

 

ちょこっと筋トレの例

  • 腕立て10回
  • 腹筋5回
  • スクワット20回

 

ほんの30秒で終わることなら絶対に毎日できるはずです。

ちょっとやってみたら、もっとやりたくなる日も案外あります。

 

少しでも毎日続けることで自分の自信につなげていきましょう!

 

コツ⑥成果を報告する

 

筋トレを習慣化するコツ6つ目は、小さな成果を報告することです。

 

あなたは筋トレの成果を誰かに報告していますか?

 

報告する人の例

  • 家族
  • 友達
  • 会社の同僚
  • 筋トレ仲間

 

ツボツボ(仮)

誰かに報告してほめてもらうと、承認欲求が満たされてもっとやる気になりますよ。

 

承認欲求とは人間なら誰もが持っている「誰かに認めてもらいたい」という欲求です。

この承認欲求が満たされると、さらに筋トレに一生懸命取り組むことができるようになります。

 

ツボツボ(仮)

個人的に、筋トレしている人は、けっこう承認欲求が強いと思っています。

というか正直なところ、筋トレする理由って「誰かに認められたい」っていう願望がほとんどではないですか?

 

ほんの少しの成果でもかまいません。

成果を報告して、誰かと喜びを共有しましょう。

 

ツボツボ(仮)

ちなみに、あんまり頻繁に報告しすぎると、うざがられるので注意です。(実体験)

 

【まとめ】筋トレを習慣化するコツ

【まとめ】筋トレを習慣化するコツ

 

それではここまでを復習しておきましょう。

 

筋トレが習慣化できない原因は以下通りです。

 

筋トレが習慣化できない原因

 

それぞれの筋トレが続かない原因を解決する習慣化のコツは以下の通りです。

 

筋トレを習慣化するコツ

  • 筋トレ仲間をつくる(最重要)
  • ゴールを明確にする
  • 環境を整える
  • 筋トレするタイミングを決める
  • 毎日筋トレする
  • 成果を報告する

 

ツボツボ(仮)

とにかく、1番大事なことは筋トレ仲間をつくることですよ!

 

でも、そんな友達いないし…

 

ツボツボ(仮)

そういう方でも大丈夫です。

この後、筋トレ仲間をつくる具体的な方法を提案していきますね。

 

筋トレ仲間のつくり方→みんチャレ

 

では、筋トレ仲間が見つからない人が筋トレ仲間をつくるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

結論、ネット上で同じ目標を持った仲間を見つければいいんです。

 

今の時代、SNSやオンラインサロンなどで探せば、あなたと同じことをしようとしている仲間は必ず見つかります。

 

でもSNSとかオンラインサロンとか色々めんどくさそうなんだよね…

なんかもっと気軽に使える方法ない?

 

そんなあなたには『みんチャレ』というアプリがおすすめです!

ツボツボ(仮)

 

 

『みんチャレ』は、見知らぬ人と5人1組のチームを組んで目標達成を目指すアプリです。

 

2021年現在、Google Play ベストアプリを3度も受賞しており、累計ユーザー数も50万人をこえています。

 

ツボツボ(仮)

あの有名な東大受験マンガ「ドラゴン桜2」の中でも『みんチャレ』が紹介されているぐらいなんです。

 

 



出典:みんチャレ

 

『みんチャレ』は、チームで成果を報告し合い、同じ目標に向かって進むのに最適のアプリです。

 

ツボツボ(仮)

僕も先日、『みんチャレ』を初めて使ってみました。

 

みんチャレ ツボツボ

 

良い意味で驚いたのは、チャレンジを達成したことを報告する時に証拠写真を撮って送らないといけないことです。

 

嘘をついたりできないので、「今日も絶対に筋トレしよう!」という気分になりました。

 

また、仲間から「それ僕と同じプッシュアップバーです。」というツッコミが来て、楽しく続けることができました。

 

ツボツボ(仮)

「筋トレ仲間が欲しい」という人は、基本的に無料で使えるのでとりあえず使ってみてくださいね。

筋トレ以外にも勉強や早起き、禁煙など、色々なことを習慣化するチームもありますよ!

 

みんチャレ

みんチャレ

無料posted withアプリーチ

 

とにかく、習慣化はちょっとでもいいので毎日続けることが大切です。

 

筋トレのやり方、道具、プロテインや食事制限は、習慣化できてからで問題ありません。

 

まずは、細かいことを気にせず、毎日続けることで自信をつけていきましょう!

 

ツボツボの筋トレ習慣

 

ツボツボ(仮)

最後に、ぼくの筋トレ習慣を紹介します。

そんなにガッツリやっているわけではないので、興味のある人だけ参考にしていただければと思います。

 

ツボツボがやっている筋トレ

  • 腕立て
  • 腹筋
  • スクワット

 

基本的に、腕立てと腹筋を1日ごとに交互に行っています。

 

腕立てはプッシュアップバーを使って20回を3セット、腹筋はヨガマットで20回を3セットぐらいです。

 

ツボツボ(仮)

やる気のでない時は1セットぐらいしかやらない日もありますが、それでも毎日コツコツと続けています!

参考までに、使っているプッシュアップバーと、ヨガマットをのせておきますね。

 

 

スクワットは、体を動かしたい時や、ヒマな時にちょこっとやっています。

 

 

ツボツボ(仮)

そして筋トレの後の最大の楽しみが『マイプロテイン』 です。

 

『マイプロテイン』 は、日本のプロテインの半額ほどの値段で買えるのに、めちゃくちゃ美味しいので、筋トレを始めてからずっと愛用しています。

 

 

興味がある人はチェックしてみてください。

 

今回も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

-運動
-,

© 2021 習慣化のツボ 2.0